デフォルト アドバタイズの復元

特定のサブネットやカスタム IP 範囲に対するアドバタイズが不要になった場合、デフォルトの動作に戻すことができます。

デフォルトでは、Cloud Router はすべての使用可能なサブネットをアドバタイズします(新しいサブネットも含む)。BGP セッションの場合、デフォルトでは Cloud Router の動作を継承します。

Cloud Router でアドバタイズを元に戻すには:

Console


  1. Google Cloud Console の [クラウド ルーター] ページに移動します。
    Cloud Router リスト
  2. 更新する Cloud Router を選択します。
  3. Cloud Router の詳細ページで [編集] を選択します。
  4. [アドバタイズされたルート] セクションを展開します。
  5. [ルート] で、[Cloud Router に表示されるすべてのサブネットにアドバタイズ(デフォルト)] を選択します。
  6. [保存] を選択して、デフォルトのアドバタイズに戻します。

gcloud


次の例のように、update コマンドを実行し、--advertisement-mode フラグを使用してアドバタイズ モードを default に変更します。

gcloud compute routers update my-router --advertisement-mode default

API

デフォルトのアドバタイズに戻すには、routers.patch メソッドを使用して bgp.advertiseModeDEFAULT に設定し、カスタム アドバタイズ構成を消去します。

PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
{
  "bgp": {
    "advertiseMode": "DEFAULT",
    "advertisedGroups": [],
    "advertisedIpRanges": []
  }
}

次の値を置き換えます。

  • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
  • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
  • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前

BGP セッションでアドバタイズを元に戻すには:

Console


  1. Google Cloud Console の [クラウド ルーター] ページに移動します。
    Cloud Router リスト
  2. 更新する BGP セッションを含む Cloud Router を選択します。
  3. Cloud Router の詳細ページで、更新する BGP セッションを選択します。
  4. BGP セッションの詳細ページで、[編集] を選択します。
  5. [ルート] で、[Cloud Router に表示されるすべてのサブネットにアドバタイズ(デフォルト)] を選択します。
  6. [保存] を選択して、デフォルトのアドバタイズに戻します。

gcloud


次の例のように、update-bgp-peer コマンドを実行し、--advertisement-mode フラグを使用してアドバタイズ モードを default に変更します。

gcloud compute routers update-bgp-peer my-router \
    --peer-name my-bgp-session \
    --advertisement-mode default

API

1 つ以上の BGP セッションのアドバタイズをデフォルトに戻すには、routers.patch メソッドを使用して bgpPeers[] フィールドを更新します。

bgpPeers[] フィールドには、BGP ピアの配列を指定します。このフィールドに PATCH を実行すると、BGP ピアの既存の配列がリクエストに含まれる新しい配列で上書きされます。

  1. GET リクエストを送信して、ルーターの BGP ピアの現在の配列を取得します。Cloud Router の構成の表示をご覧ください。

  2. BGP ピアの新しい配列を指定して PATCH リクエストを送信します。デフォルトのアドバタイズに戻す BGP ピアごとに、次の操作を行います。

    • advertisedModeDEFAULT に設定する
    • advertisedGroup[]advertisedIpRanges[][] に設定する
    PATCH https://compute.googleapis.com/compute/v1/projects/PROJECT_ID/regions/REGION/routers/ROUTER_NAME
    {
      "bgpPeers": [
        BGP_PEERS
      ]
    }
    

    次の値を置き換えます。

    • PROJECT_ID: Cloud Router が含まれるプロジェクト
    • REGION: Cloud Router が配置されているリージョン
    • ROUTER_NAME: Cloud Router の名前
    • BGP_PEERS: BGP ピアの新しい配列の内容

      2 つの BGP セッションをデフォルトのアドバタイズに戻す次の例をご覧ください。

      {
        "name": "peer-1",
        "interfaceName": "if-peer-1",
        "ipAddress": "169.254.10.1",
        "peerIpAddress": "169.254.10.2",
        "peerAsn": 64512,
        "advertisedRoutePriority": 100,
        "advertiseMode": "DEFAULT",
        "advertisedGroups": [],
        "advertisedIpRanges": []
      },
      {
        "name": "peer-2",
        "interfaceName": "if-peer-2",
        "ipAddress": "169.254.20.1",
        "peerIpAddress": "169.254.20.2",
        "peerAsn": 64513,
        "advertisedRoutePriority": 100,
        "advertiseMode": "DEFAULT",
        "advertisedGroups": [],
        "advertisedIpRanges": []
      }
      

次のステップ