スポーク リソースの高可用性要件

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Network Connectivity Center でサイト間データ転送を正しく有効にするには、高可用性構成でスポーク リソースを構成する必要があります。そうしないと、サイトがトラフィックを他へ転送できなくなる可能性があります。

次のセクションで説明するように、高可用性にはさまざまなリソースタイプの要件があります。

Cloud Interconnect の高可用性

サイト間データ転送を Cloud Interconnect リソースと正しく連携させるには、それぞれ別個のエッジ アベイラビリティ ドメインに複数の Interconnect 接続を構成する必要があります。

Cloud Interconnect リソースを高可用性構成にする方法については、次のドキュメントをご覧ください。

Cloud VPN の高可用性

サイト間データ転送を Cloud VPN リソースで正しく動作させるには、複数の HA VPN ゲートウェイ インターフェースとトンネルを構成して、99.99% の SLO を達成する必要があります。詳細については、Cloud VPN の概要をご覧ください。

Router アプライアンスの高可用性

スポークに接続されているルーター アプライアンス インスタンスでサイト間データ転送を正常に機能させるには、次のようにする必要があります。

すべてのルーター アプライアンス インスタンスを 1 つのスポークに配置する場合は、Equal-Cost Multipath(ECMP)を使用して、2 つのルーター アプライアンス インスタンスから同じプレフィックス セットをアドバタイズします。スポークごとに異なるプレフィックスをアドバタイズするには、各ルーター アプライアンス インスタンスを別のスポークに追加します。

1 つのスポークにクロスリージョン構成を作成することはできません。

ECMP を使用すると、同じプレフィックスがアドバタイズされ、2 つ以上のルーター アプライアンス インスタンスからの MED パスと AS パスが同じになります。他の Google Cloud リソースと同様に、VPC ネットワークでのルート選択に関するガイダンスがルーター アプライアンス インスタンスに適用されます。

高可用性のルーター アプライアンス インスタンスを構成する方法については、99.9% の可用性の要件をご覧ください。

次のステップ