サイト間データ転送によるルート交換

Network Connectivity Center は、データ転送機能が有効になっている各スポーク間のフルメッシュ接続を提供します。すべてのスポークでこの機能が有効になっている場合、Network Connectivity Center によって、1 つのスポークが学習したすべてのルートが他のすべてのスポークに伝播されます。

Network Connectivity Center のトポロジ。
Network Connectivity Center のトポロジ(クリックして拡大)

上記のトポロジでは、スポーク A、B、C が同じハブに接続され、Cloud Router を使用してハブに接頭辞がアドバタイズされています。

ハブとスポークを介してリージョンをまたぐサイト間トラフィックを有効にするには、ハブやスポークと関連付けられている VPC ネットワークでグローバル ルーティングを有効にする必要があります。すべてのスポークが同一リージョンにある場合は、グローバル ルーティングを有効にしなくてもサイト間トラフィックが機能するため、グローバル ルーティングは必要ありません。

次の表は、ハブが他のスポークに接頭辞のアドバタイズを伝播する方法を示しています。

スポーク A からのルート スポーク B からのルート スポーク C からのルート
スポーク A にエクスポートされたルート 10.3.0.0/16 はスポーク B 経由で到達可能。 10.4.0.0/16 はスポーク C 経由で到達可能。
スポーク B にエクスポートされたルート 10.2.0.0/16 はスポーク A 経由で統括可能。 10.4.0.0/16 はスポーク C 経由で到達可能。
スポーク C にエクスポートされたルート 10.2.0.0/16 はスポーク A 経由で統括可能。 10.3.0.0/16 はスポーク B 経由で到達可能。

次のステップ