詳細

集計

Metrics Explorer または Monitoring API を使用して指標データを読み取ると、集計を使用して時系列データを要約できます。集計は通常、各時系列データが同じ時間範囲に配置されるアライメント ステップから始まります。次に、平均値、合計値、最小値、最大値などのオペレーションを使用して、複数の時系列のデータポイントを結合することで、新しい時系列を作成します。

詳細については、projects.timeSeries.list API メソッドをご覧ください。

カスタム指標

Cloud Monitoring には、多数の組み込みシステム指標がありますが、独自のカスタム指標を作成することもできます。カスタム指標と、カスタム指標のデータを含む 1 つ以上の時系列を記述する指標記述子を作成する必要があります。カスタム指標データは、グラフとアラートで使用できます。また、ログデータに基づいたカスタム指標を作成することもできます。詳しくは次のページをご覧ください。

  • 指標、時系列、リソースでは、概要を説明します。
  • カスタム指標の使用では、カスタム指標の作成、書き込み、読み取りの方法を説明します。
  • ログベースの指標では、ログからカスタム指標を作成する方法について説明します。
  • Monitoring API は、カスタム指標に使用される API です。projects.metricDescriptors コレクションと projects.timeSeries コレクションをご覧ください。

フィルタリング

Stackdriver では、一連のアイテムを選択する、さまざまな種類のフィルタが提供されています。フィルタは、それらの種類に適した比較の組み合わせを含む文字列です。次に例を示します。

  • ログフィルタによって、ログ名、ログの取得元、ペイロード コンテンツなどに基づいて特定のログエントリを選択できます。
  • モニタリング フィルタによって、特定の指標記述子、リソース グループ、時系列データを選択できます。
  • トレース フィルタによって、スパン名、レイテンシ、ラベル値に基づいてトレースを選択できます。

ワークスペース

Cloud Monitoring でワークスペースを使用すると、対象となるリソースが 1 つの GCP プロジェクトや AWS アカウントにあるか、複数のプロジェクトや AWS アカウントにあるかをモニタリングできます。Monitoring は、他の GCP サービスと同様に、GCP プロジェクト単位ではなく、ワークスペース単位で整理されます。詳細については、ワークスペースをご覧ください。