詳細

集計

Metrics Explorer または Monitoring API を使用して指標データを読み取る場合は、集計を使用して時系列データを要約できます。集計は通常、各時系列データが同じ時間境界に配置される配置ステップから始まります。次に、平均値、合計、最小値、最大値などの演算を使用して、複数の時系列のデータポイントを結合することで、新しい時系列を作成します。

集計の詳細については、projects.timeSeries.list API メソッドをご覧ください。

カスタム指標

Cloud Monitoring には、多数の組み込みシステム指標がありますが、カスタム指標を作成することもできます。カスタム指標と、そのデータを含む 1 つ以上の時系列を記述する指標記述子を作成する必要があります。カスタム指標は、グラフやアラートで使用できます。また、ログデータに基づいたカスタム指標を作成することもできます。詳しくは次のページをご覧ください。

  • 指標、時系列、リソースでは、概要を説明します。
  • カスタム指標の使用では、カスタム指標の作成、書き込み、読み取りの方法を説明します。
  • ログベースの指標では、ログからカスタム指標を作成する方法について説明します。
  • Monitoring API は、カスタム指標に使用する API です。projects.metricDescriptors コレクションと projects.timeSeries コレクションをご覧ください。

フィルタリング

Cloud Logging と Cloud Monitoring には、アイテムのセットを選択できるさまざまな種類のフィルタが用意されています。フィルタは、それらの種類に適した比較の組み合わせを含む文字列です。例:

  • ログフィルタによって、ログ名、ログの取得元、ペイロード コンテンツなどに基づいて特定のログエントリを選択できます。
  • モニタリング フィルタによって、特定の指標記述子、リソース グループ、時系列データを選択できます。
  • トレース フィルタによって、スパン名、レイテンシ、ラベル値に基づいてトレースを選択できます。

指標のスコープ

Monitoring は、1 つの Google Cloud プロジェクト、AWS アカウント、複数のプロジェクトや AWS アカウントの指標を表示してモニタリングできる指標スコープを中心に整理されます。指標のスコープについて詳しくは、Cloud Monitoring 用の Google Cloud プロジェクトの構成をご覧ください。