バージョン 2.1

ロギング

Kf には、さまざまなタイプのログが用意されています。このドキュメントでは、これらのログとそのアクセス方法について説明します。

アプリケーション ログ

標準出力 stdout と標準エラー stderr に書き込まれたすべてのログは、Cloud Logging にアップロードされ、user-container という名前のログとして保存されます。

Cloud Logging を開いて次のクエリを実行します。

resource.type="k8s_container"
log_name="projects/YOUR_PROJECT_ID/logs/user-container"
resource.labels.project_id=YOUR_PROJECT_ID
resource.labels.location=GCP_COMPUTE_ZONE (e.g. us-central1-a)
resource.labels.cluster_name=YOUR_CLUSTER_NAME
resource.labels.namespace_name=YOUR_KF_SPACE_NAME
resource.labels.pod_name:YOUR_KF_APP_NAME

標準 stdout と標準エラー stderr で書き込まれたアプリケーション ログがすべて表示されます。

アプリケーションのアクセスログ

Kf は Istio サイドカー インジェクションを使用してアクセスログを提供します。アクセスログは server-accesslog-stackdriver という名前のログとして保存されます。

Cloud Logging を開いて次のクエリを実行します。

resource.type="k8s_container"
log_name="projects/YOUR_PROJECT_ID/logs/server-accesslog-stackdriver"
resource.labels.project_id=YOUR_PROJECT_ID
resource.labels.location=GCP_COMPUTE_ZONE (e.g. us-central1-a)
resource.labels.cluster_name=YOUR_CLUSTER_NAME
resource.labels.namespace_name=YOUR_KF_SPACE_NAME
resource.labels.pod_name:YOUR_KF_APP_NAME

アプリケーションのアクセスログが表示されます。アクセスログの例:

{
  "insertId": "166tsrsg273q5mf",
  "httpRequest": {
    "requestMethod": "GET",
    "requestUrl": "http://test-app-38n6dgwh9kx7h-c72edc13nkcm.***. ***.nip.io/",
    "requestSize": "738",
    "status": 200,
    "responseSize": "3353",
    "remoteIp": "10.128.0.54:0",
    "serverIp": "10.48.0.18:8080",
    "latency": "0.000723777s",
    "protocol": "http"
  },
  "resource": {
    "type": "k8s_container",
    "labels": {
      "container_name": "user-container",
      "project_id": ***,
      "namespace_name": ***,
      "pod_name": "test-app-85888b9796-bqg7b",
      "location": "us-central1-a",
      "cluster_name": ***
    }
  },
  "timestamp": "2020-11-19T20:09:21.721815Z",
  "severity": "INFO",
  "labels": {
    "source_canonical_service": "istio-ingressgateway",
    "source_principal": "spiffe://***.svc.id.goog/ns/istio-system/sa/istio-ingressgateway-service-account",
    "request_id": "0e3bac08-ab68-408f-9b14-0aec671845bf",
    "source_app": "istio-ingressgateway",
    "response_flag": "-",
    "route_name": "default",
    "upstream_cluster": "inbound|80|http-user-port|test-app.***.svc.cluster.local",
    "destination_name": "test-app-85888b9796-bqg7b",
    "destination_canonical_revision": "latest",
    "destination_principal": "spiffe://***.svc.id.goog/ns/***/sa/sa-test-app",
    "connection_id": "82261",
    "destination_workload": "test-app",
    "destination_namespace": ***,
    "destination_canonical_service": "test-app",
    "upstream_host": "127.0.0.1:8080",
    "log_sampled": "false",
    "mesh_uid": "proj-228179605852",
    "source_namespace": "istio-system",
    "requested_server_name": "outbound_.80_._.test-app.***.svc.cluster.local",
    "source_canonical_revision": "asm-173-6",
    "x-envoy-original-dst-host": "",
    "destination_service_host": "test-app.***.svc.cluster.local",
    "source_name": "istio-ingressgateway-5469f77856-4n2pw",
    "source_workload": "istio-ingressgateway",
    "x-envoy-original-path": "",
    "service_authentication_policy": "MUTUAL_TLS",
    "protocol": "http"
  },
  "logName": "projects/*/logs/server-accesslog-stackdriver",
  "receiveTimestamp": "2020-11-19T20:09:24.627065813Z"
}

監査ログ

監査ログは、Kubernetes API サーバーに対して行われた呼び出しを時系列で記録します。Kubernetes 監査ログのエントリは、不審な API リクエストの調査、統計情報の収集、不要な API 呼び出しに対するモニタリング アラートの作成に役立ちます。

Cloud Logging を開いて次のクエリを実行します。

resource.type="k8s_container"
log_name="projects/YOUR_PROJECT_ID/logs/cloudaudit.googleapis.com%2Factivity"
resource.labels.project_id=YOUR_PROJECT_ID
resource.labels.location=GCP_COMPUTE_ZONE (e.g. us-central1-a)
resource.labels.cluster_name=YOUR_CLUSTER_NAME
protoPayload.request.metadata.name=YOUR_APP_NAME
protoPayload.methodName:"deployments."

Kubernetes API サーバーに対して行われた呼び出しのトレースが表示されます。

ロギングのアクセス制御

デベロッパーや他のチームメンバーにログへのアクセス権を付与する方法については、こちらの手順をご覧ください。ロール roles/logging.viewer は、ログに対する読み取り専用アクセス権を付与します。

ログルーター

また、ログルーターを使用して、サポートされている宛先にログを転送することもできます。