以前のバージョンの Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)のドキュメントが表示されています。引き続きこのバージョンを使用するか、現在のバージョンを使用してください。

Google Cloud リファレンス アーキテクチャ

Migrate for Compute Engine では、VMware vSphere で実行されている仮想マシン(VM)を Compute Engine に移行できます。Migrate for Compute Engine は、物理サーバーと VM(Amazon EC2 や Azure)を Compute Engine に移行することもできます。

Migrate for Compute Engine インストールの主なコンポーネントは次のとおりです。

Google Cloud の場合:

  • Google Cloud の Velostrata Manager は、すべてのコンポーネントの管理と移行のオーケストレーションを行います。また、Migrate for Compute Engine の UI も提供されます。
  • Cloud Extensions は、ストレージの移行を処理し、移行中に移行されたワークロードにデータを提供します。Cloud Extension は 2 つの Cloud Edge ノードからなります。
  • Migrate for Compute Engine Exporter は、ディスクの接続解除時に Google Cloud 永続ディスクを作成します。

オンプレミスの場合:

  • Velostrata オンプレミス バックエンド仮想アプライアンスは、VMware から Cloud Extension にデータを提供します。
  • Migrate for Compute Engine vCenter プラグインは、vCenter vSphere を Velostrata Manager に接続します。

AWS の場合:

  • Migrate for Compute Engine Importer は、AWS Elastic Block Store ボリュームのデータを Cloud Extension に配信します。

Azure の場合:

  • Migrate for Compute Engine Importer は、Azure ディスクのデータを Cloud Extension に配信します。

インフラストラクチャのすべてのコンポーネントを表示した、Migrate for Compute Engine アーキテクチャ

コア テクノロジー

Migrate for Compute Engine は VM とストレージを分離し、次のような Google Cloud への移行を容易にする機能を導入しています。

  • 簡単なデプロイ: Migrate for Compute Engine 仮想アプライアンスは、サーバーにエージェントをインストールせずに数ステップだけでインストールできます。
  • vCenter for VMware の移行での簡単な管理: プラグインによって VMware 管理者の学習曲線が平坦化されます。タスク、イベント、アラームとの統合によって、移行の可視性と制御が向上します。
  • 設計による保護: Migrate for Compute Engine コンポーネント間のデータ転送では SSL と AES-128 暗号化を使用します。残りのデータは、AES-256 で重複排除、圧縮、暗号化されます。
  • WAN 経由のブート: Migrate for Compute Engine は、イメージサイズに関係なく、VM から数分以内にクラウド内でネイティブ ブートを実行します。イメージのブート中に Migrate for Compute Engine はターゲット環境に合わせてイメージを移行します。アプリケーション、元の画像、ストレージ、ドライバ、ネットワークに変更は必要ありません。
  • インテリジェントなストリーミング: Compute Engine の Migrate は、アプリケーションの実行に必要なデータを優先的にクラウドに移行します。他のデータは、必要に応じてクラウドにストリーミングされます。
  • 多層キャッシュと最適化: Migrate for Compute Engine には、クラウドの多層な読み取りと書き込みキャッシュが含まれています。このキャッシュには、アプリケーションに必要なデータが格納されます。重複排除、プリフェッチ、非同期のライトバック、ネットワークの最適化により、移行がさらに高速化され、移行時の移行帯域幅が最大 75% 削減されます。
  • 復元性: Migrate for Compute Engine の Cloud Extensions は、2 つの可用性ゾーン間でアクティブ - パッシブ構成を使用します。データは両方のゾーンで書き込まれ、非同期にオンプレミスに戻されてデータ損失のリスクを軽減します。オプションとしてクラウドでの開発とテストのためにのみ、書き込みを永続化できます。

    目標復旧時点(RPO)は、インシデントのが原因でデータが失われている状態が許容される最大時間です。Migrate for Compute Engine のアーキテクチャは、まれに起きるデュアルゾーンでの障害とオンプレミスへの 1 時間の同期の RPO の場合でも、Google Cloud Storage への同期に対して 30 秒の RPO を確保します。

  • 複数のオペレーティングシステムに対応: サポートされている OS のバージョンのリストをご覧ください。

アーキテクチャ

Migrate for Compute Engine デプロイ アーキテクチャは、次の 2 つの部分で構成されます。

次の図は、Google Cloud を使用した一般的な Migrate for Compute Engine のデプロイを示しています。

すべてのコンポーネント間の論理接続を示す Migrate for Compute Engine のデプロイ

左側に企業データセンター(オンプレミス)があり、右側に Google Cloud Virtual Private Cloud があります。Cloud VPN または Cloud Interconnect を使用して両者を接続します。

その他のサポートされるデプロイ アーキテクチャは次のとおりです。

  • AWS から Google Cloud への、クラウドからクラウドへの移行
  • オンプレミスと AWS からの Google Cloud へのハイブリッド移行

Google Cloud

Google Cloud Marketplace を使用して、Velostrata Manager を Google Cloud にデプロイします。移行操作を統合して、ウェブ UI を提供します。Velostrata Manager は、Velostrata オンプレミス バックエンド仮想アプライアンスに接続し、Google Cloud API エンドポイント、Google Cloud オペレーション スイートの Monitoring サービス、Logs サービスにもアクセスします。

Velostrata Manager を起動し、Velostrata バックエンドに接続したら、ストレージの移行を管理する Cloud Extensions を作成します。Cloud Extension ノード(Cloud Edge ノードとも呼ばれます)は、別々の Google Cloud ゾーンでペアで実行されます。

一般に、Velostrata Manager と Cloud Extension は企業データセンターから Google Cloud へのインバウンド アクセスを必要とします。ストレージを移行するには、オンプレミス VM から Google Cloud に移行した Cloud iSCSI 拡張ノードへの受信 iSCSI アクセスが必要です。

Cloud Extension ノードがデプロイされるサブネットでは、Cloud Storage や Google Cloud オペレーション スイートの Monitoring などの特定のサービスへのアウトバウンド アクセスを許可する必要があります。

企業のデータセンター

オンプレミスからクラウドへ移行するときに、VMware on Velocityrata オンプレミス バックエンド仮想アプライアンスでは:

  • Cloud Extension ノードを使用して安全なデータパスを確立します。
  • VMware API を使用して VM を起動および停止します。
  • VMware Storage API を使用して仮想マシンディスク(VMDK)に対してストレージ操作を実行します。

AWS

AWS から Google Cloud への移行の場合、Velostrata Manager は AWS で Importer インスタンスを必要に応じて起動し、AWS EC2 のソース ワークロードと EBS ボリュームを移行します。これらのインスタンスは、データの移行時にのみ実行されます。

Azure

Azure から Google Cloud への移行の場合、Velostrata Manager は Azure 上の Importer インスタンスを必要に応じて起動し、Azure ソース ワークロードとそのディスクを移行します。これらのインスタンスは、データの移行時にのみ実行されます。

次のステップ

Migrate for Compute Engine の機能については、 Migrate for Compute Engine スタートガイドをご覧ください。

Virtual Private Cloud の推奨構成について詳しくは、Google Cloud アカウントと Virtual Private Cloud(VPC)の設定要件をご覧ください。