コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

マルチテナンシーの設定

Identity Platform でマルチテナンシーを有効にして、Google Cloud コンソールを使用して新しいテナントを作成する方法を学習する。


このタスクを Google Cloud コンソールで直接行う際の順を追ったガイダンスについては、[ガイドを表示] をクリックしてください。

ガイドを表示


始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

マルチテナンシーの有効化

  1. Google Cloud コンソールで Identity Platform の [設定] ページを開きます。
    [設定] ページに移動

  2. [セキュリティ] タブをクリックします。

  3. ページの下部にある [テナントを許可] をクリックします。

    テナントを有効にする

このボタンをクリックすると、マルチテナンシーが有効になり、[テナント] ページが開きます。

これで、最初のテナントを作成する準備が整いました。

テナントの作成

  1. Google Cloud コンソールで Identity Platform の [テナント] ページを開きます。
    [テナント] ページに移動

  2. [テナントを追加] をクリックします。

  3. テナントの [名前] を入力します。これは一意である必要はありません。Identity Platform によって自動的に個別の ID が割り当てられます。

  4. [保存] をクリックします。

お疲れさまでした。Identity Platform テナントが作成されました。

テナントの選択

テナント間を切り替えるには、左上の角にあるプルダウン メニューを使用します。

マルチテナンシーのプルダウン メニュー

各テナントには、それぞれ独自のプロバイダ、設定、ユーザーがあります。テナントを選択すると、非テナントの Identity Platform プロジェクトと同じ方法で管理できます。

マルチテナンシーの無効化

Identity Toolkit API を使用して、マルチテナンシーを無効にします。

次のステップ