Cloud Endpoints Portal 使用のスタートガイド

このページでは、Cloud Endpoints サービスのポータルの作成方法と、ポータルのユーザー インターフェースについて説明します。また、それぞれのタスクを実行するために最低限必要な Cloud Identity and Access Management の役割についても説明します。Cloud IAM の権限について詳しくは、以下をご覧ください。

前提条件

すでに以下を行っていることを前提としています。

ポータルの作成

ポータルを作成するには:

  1. Google Cloud Platform Console で [エンドポイント] > [デベロッパー ポータル] ページに移動します。

    Cloud Endpoints Portal に移動

  2. API が含まれている GCP プロジェクトを選択します。
  3. [ポータルを作成] をクリックします。ポータルの生成には、通常 5〜10 分かかります。ポータルの準備ができると、ポータルの URL が表示されます。

ポータルを作成すると、次のような効果があります。

  • ポータルの作成時に、service-YOUR_PROJECT_NUMBER@endpoints-portal.iam.gserviceaccount.com という名前のサービス アカウントが作成され、Endpoints Portal サービス エージェントの役割が付与されます(YOUR_PROJECT_NUMBER は GCP プロジェクトのプロジェクト番号です)。このサービス アカウントは、GCP Console で GCP プロジェクトの [IAM と管理] > [IAM] ページに移動すると確認できます。

  • 作成されるポータルは、ドメイン名 endpointsportal.YOUR_PROJECT_ID.cloud.goog を使用します(YOUR_PROJECT_ID は GCP プロジェクトの ID です)。これをサポートするために、SSL/TLS 証明書と、プロジェクト ID を記録したパブリック DNS レコードが作成され、一般公開されている Certificate Transparency ログで検索可能になります。これは、ポータルが一般公開されないとしても同じです。

ポータルで API を表示する

ポータルで API を表示するには:

  1. [エンドポイント] > [デベロッパー ポータル] ページの [ポータルの URL] セクションで URL をクリックします。
  2. ログイン プロンプトに従ってポータルに進みます。アカウントが複数ある場合は、API が含まれている GCP プロジェクトで使用されているアカウントを選択してください。

    ポータルのホームページが表示されます。この URL をブックマークしておくと便利なので、そうすることをおすすめします。ポータル ホームページには、GCP プロジェクトのすべての API へのリンクが一覧表示されます。

  3. 調べたい API をクリックします。API のホームページが表示されます。

ポータルの UI の概要

API のホームページの下部にある以下のアイコンは、API のユーザーにとって有用な情報へのリンクです。

  • API リファレンス をクリックすると、Endpoints Frameworks の openapi.json ファイルから生成した SmartDocs API リファレンス ドキュメントの最初のページが表示されます。左側のナビゲーション バーを使用して、各メソッドとリソースの SmartDocs ドキュメントを表示できます。

  • スタートガイド をクリックすると、スタートガイドのサンプル コンテンツが表示されます。API ユーザーにポータルの URL を送信する前にこのドキュメントをカスタマイズし、API ユーザーがコード内で API を使用する際に必要な情報を提供します。スタートガイドのコンテンツを変更する方法については、カスタム ドキュメントの追加をご覧ください。

  • キーの取得 をクリックすると、[API とサービス] > [API ライブラリ] ページが表示されます。これにより、ユーザーは自身の GCP プロジェクトで API を有効にできます。

    API キーを必要とする API の場合、ユーザーは API を有効にした後、[API とサービス] > [認証情報] ページに移動して、コードで使用できる API キーを取得できます。API ユーザーにポータルの URL を送信する前に、API を使用するためのアクセス権をユーザーに付与する必要があります。詳細については、API を有効にできるユーザーの制御をご覧ください。

ポータルの外観のカスタマイズ

ポータルの配色や表示されるアイコンなどを会社のウェブサイトとマッチするように変更できます。ポータルの外観を変更し、カスタム ドメインを設定することで、ブランディングされた環境をユーザーに提供できます。

ポータルの外観をカスタマイズするには:

  1. ページの右上隅にある設定アイコン settings をクリックします。

  2. [Site Wide] タブをクリックします。以下の外観を変更できます。

    • ロゴ
    • メインの色。ホームページとタイトルバーの背景色として使用されます。
    • サブの色。アイコンとリンクの色として使用されます。
    • ホームページのタイトル。
    • ホームページの説明。
  3. [Save] をクリックします。

ポータルの削除

ポータルを削除するには:

  1. GCP Console で、[エンドポイント] > [デベロッパー ポータル] ページに移動します。

    Cloud Endpoints Portal に移動

  2. API が含まれている GCP プロジェクトを選択します。
  3. 削除アイコン delete をクリックします。
  4. 確認ダイアログで [削除] をクリックします。

次のステップ

以下の内容について学習します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine 用 Cloud Endpoints Frameworks
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。