API およびクライアント ライブラリの概要

使用可能なインターフェース

Cloud Dataproc は、複数あるプログラマティック インターフェースのいずれかを使用して操作できます。以下に、使用可能なインターフェースをおすすめ順に示します。

  • Google Cloud クライアント ライブラリ: Cloud Dataproc(アルファ版とベータ版)クライアント ライブラリは複数の言語に対応しており、gRPC を基に構築されています。このクライアント ライブラリは gRPC の上に抽象化レイヤを重ね、オペレーションのポーリングや再試行などの詳細を処理します。

  • gRPC: 選択したプログラミング言語で使用できるクライアント ライブラリがない場合は、gRPC でサポートされているいずれかの言語で Dataproc 用の gRPC クライアント ライブラリを生成できます。生成には、GitHub で Google リポジトリから取得できるプロトコル バッファ サービス定義が必要です。この定義を取得したら、grpc.io に示された該当する言語の手順に従って、クライアントを生成して使用できます。

  • REST API: Cloud Dataproc のクライアント ライブラリも gRPC API も使用できない場合は REST API を使用してください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。