delete コマンドのオプション

このページでは、datalab delete コマンドについて説明します。

使用方法

datalab delete [-h] [--delete-disk | --keep-disk] [--project PROJECT]
               [--quiet] [--verbosity {debug,info,warning,error,critical,none}]
               [--zone ZONE]
               NAME

datalab delete は、指定された Datalab インスタンスの Google Compute Engine VM を削除します。

デフォルトでは、永続ディスクの自動削除設定によって、そのディスクも削除されるかどうかが決まります。

--delete-disk フラグまたは --keep-disk フラグのいずれかを渡すことで、この設定をオーバーライドできます。

ディスクの自動削除について詳しくは、こちらを参照してください。

オプション

-h/--help

ヘルプ メッセージを表示して終了します。

--delete-disk

ディスクの自動削除設定に関係なく、インスタンスの永続ディスクを削除するかどうかを指定します。

--keep-disk

ディスクの自動削除設定に関係なく、インスタンスの永続ディスクを保持するかどうかを指定します。

--project PROJECT

この呼び出しに使用する Google Cloud Platform プロジェクト名。

省略すると、現在のプロジェクトが想定されます。

--quiet

インタラクティブなプロンプトを表示しません。

--verbosity {debug,info,warning,error,critical,none}

このコマンドのデフォルトの出力詳細をオーバーライドします。

--zone ZONE

インスタンスを含むゾーン。指定しないと、ゾーンを選択するように求められる場合があります。

このフラグの省略時にプロンプトを表示しないようにするには、compute/zone プロパティを設定します。

$ gcloud config set compute/zone ZONE

次のコマンドを実行すると、ゾーンの一覧を取得できます。

$ gcloud compute zones list

プロパティを設定解除するには、次のコマンドを実行します。

$ gcloud config unset compute/zone

また、ゾーンを環境変数 CLOUDSDK_COMPUTE_ZONE に格納することもできます。