アクセスの透明性を有効にする

このページでは、Google Cloud 組織でアクセスの透明性を有効または無効にする方法について説明します。

アクセスの透明性を有効にするための要件

Google Cloud プロジェクトでアクセスの透明性を有効にするには、プロジェクトが組織に存在する必要があります。

Cloud Console を使用したアクセスの透明性の構成

アクセスの透明性を有効にするには、次の手順に従います。

  1. 組織レベルの権限を確認します。

    1. Cloud Console で Identity and Access Management ページに移動します。

      Identity and Access Management に移動

    2. プロンプトが表示されたら、セレクタ メニューで Google Cloud 組織を選択します。

    3. [プリンシパル] リストの [ロール] 列に、IAM ロール [アクセスの透明性管理者](roles/axt.admin)が示されていることを確認します。

  2. セレクタ メニューを使用して、組織内の Google Cloud プロジェクトを選択します。

    Google Cloud プロジェクト ページではアクセスの透明性が構成されていますが、アクセスの透明性は組織全体に対して有効にされます。

  3. Google Cloud プロジェクトが請求先アカウントに関連付けられていることを確認します。Cloud Console でアクセスの透明性を構成できるのは、請求先アカウントに関連付けられたプロジェクトのみです。

    1. 左側のナビゲーション メニューで、[お支払い] を選択します。「このプロジェクトには請求先アカウントが関連付けられていません」というメッセージが表示されたら、別のプロジェクトを選択するか、プロジェクトの請求先アカウントの変更の手順に従ってプロジェクトの請求先アカウントを変更します。
  4. [IAM と管理] > [設定] ページに移動します。

    1. [アクセスの透明性を有効にする] ボタンをクリックします。

    アクセスの透明性を有効にする

アクセスの透明性を無効にする

アクセスの透明性を無効にするには、Google Cloud サポートにお問い合わせください。

次のステップ

アクセスの透明性の料金については、料金をご覧ください。