割り当てと上限

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Cloud Build の使用時に適用される使用量割り当てと上限について説明します。 割り当てと上限により、送信できるリクエストの数、または作成できるリソースの数が制限されます。上限では、リソースの属性(リソースの識別子の長さなど)が制限される場合もあります。

与えられた割り当てが少なすぎる場合は、Google Cloud コンソールを使用してプロジェクトの割り当ての増加をリクエストできます。Google Cloud コンソールで特定の割り当ての変更をリクエストできない場合は、Google Cloud サポートにお問い合わせください。

上限の変更はできません。

割り当て

Cloud Build では、さまざまな理由から、実行中のビルドに対して割り当てが強制的に適用されます。たとえば、割り当て量を制限して予期しない使用量の急増を防ぐことで Google Cloud ユーザーのコミュニティを保護しています。Google Cloud では無料トライアルの割り当ても用意されています。この割り当て制限により、無料トライアル ベースで Google Cloud を利用できるプロジェクトには限定的なアクセスが提供されます。

デフォルトでは、次の Cloud Build 割り当てが各 Google Cloud プロジェクトに適用されます。ただし、プロジェクトごとの割り当ては使用量によって異なり、時間とともに変わる可能性があります。

リソース 説明 デフォルトの上限 上限引き上げ可能 範囲
プライベート プール プライベート プールの数 2 - 10 リージョンごと
ビルドトリガー ビルドトリガーの数 300 リージョンごと
CPU 同時実行 CPU の数

リージョンのプライベート プールで実行する

0 * - 2400 はい。この割り当ての上限に達すると、追加の CPU に対するリクエストはキューに入り、順番に処理されます。 リージョンごと
CPU 同時実行 CPU の数

リージョンのデフォルト プールで実行する

5 - 100 いいえ。100 個を超える同時実行 CPU が必要な場合は、プライベート プールを使用します。 リージョンごと
リクエスト 同時ビルドの数
グローバルのデフォルト プールで実行する
10 - 30 いいえ。
30 件を超えるビルドを同時に実行する場合は、プライベート プールの使用
を検討してください。
グローバル

* プロジェクトと使用状況によっては、プライベート プールを使用するための割り当てがない場合があります。この場合は、デフォルト プールを使用できます。

一部のプロジェクトのリージョン制限

使用状況に応じて、特定のプロジェクトが特定のリージョンでのみ Cloud Build を使用するように制限されることがあります。詳細については、ロケーションをご覧ください。

API レート上限

API レート上限は、Cloud Build API の呼び出しレートに影響を与えます。API レート制限は、[割り当て] ページに移動して表示および編集できます。

リソースの上限

Cloud Build では、次の上限がリソースに適用されます。

上限
1 ビルドあたりのビルドステップ 100
ビルドステップの長さ 1,000 文字
1 ビルドステップあたりの env 100
env 値の長さ 65,536 文字
1 ビルドステップあたりの args 100
arg 値の長さ 4,000 文字
dir 値の長さ 1,000 文字
1 ビルドあたりのビルドイメージ 200
1 ビルドあたりの一意の secretEnv 100
secret のサイズ 65,536 文字
1 ビルドあたりのアーティファクト パスの数 100
1 ビルドあたりのタグのリストの長さ 64

割り当ての増加

  1. Cloud Build の割り当てページを開きます。

    [割り当て] に移動

  2. 変更する割り当てを選択して、[割り当てを編集] をクリックします。

  3. 選択した割り当てに新しい上限を入力します。

  4. [リクエストを送信] をクリックします。