Keep up with the latest announcements from Google Cloud Next '21. Click here.

ハイブリッド クラウド

Google Distributed Cloud をデータセンター、エッジ、クラウドに導入

Next21

※この投稿は米国時間 2021 年 10 月 12 日に、Google Cloud blog に投稿されたものの抄訳です。

近年、組織はこれまで以上にクラウド導入の加速を目指すようになってきました。そして、より簡単な開発、迅速なイノベーション、効率的なスケーリングと同時に、テクノロジー リスクの軽減を求めています。ただし、業界またはリージョン固有のコンプライアンスおよびデータ主権のニーズ、低レイテンシまたはローカルデータ処理の要件などの要因や、他のサービスの近くで実行する必要があるといった理由により、完全にまたは即座にパブリック クラウドに移動できないワークロードもあります。

このようなワークロードでもクラウドが提供する利点を享受できるように、本日 Google Cloud Next ‘21 で、Google Distributed Cloud を発表いたします。これは Google のインフラストラクチャをエッジやデータセンターにまで拡張する、ハードウェアとソフトウェアで構成されるソリューション ポートフォリオです。

Google Distributed Cloud は、組織のニーズに応じて、次のような複数のロケーションで実行できます。

  1. Google のネットワーク エッジ - お客様は世界中の 140 を超える Google ネットワーク エッジのロケーションを利用できます。

  2. オペレータ エッジ - お客様はオペレータのエッジ ネットワークを活用して、主要な通信サービス プロバイダ(CSP)パートナーが提供する 5G/LTE サービスを利用できます。オペレータ エッジは低レイテンシのユースケースをサポートするように最適化されており、レイテンシや帯域幅の要件が厳しいエッジ アプリケーションを実行できます。

  3. お客様のエッジ - ローカライズされたコンピューティングや処理をエッジ ロケーションで直接行う必要がある小売店、工場、支店など、お客様所有のエッジまたはリモート ロケーションをサポートします。

  4. お客様のデータセンター - お客様所有のデータセンターやコロケーション施設が、法令遵守の要件を満たしながら、厳格なデータ セキュリティやプライバシーの要件に対応して、オンプレミスのデプロイをモダナイズできるようにサポートします。

google distributed cloud.jpg

Google Distributed Cloud は、オープンソース ベースのプラットフォームである Anthos 上に構築されており、オンプレミス、エッジ、複数のパブリック クラウド全体でインフラストラクチャとアプリケーションを一元管理し、一貫性のある運用を大規模に提供します。Google Distributed Cloud は最高レベルのパフォーマンス、可用性、セキュリティを提供する世界規模のインフラストラクチャを利用しますが、Anthos はお客様の場所やエッジ ロケーションで Google が管理するハードウェア上で実行され、アプリケーションを安全にリモートで実行するためのサービス プラットフォームを提供します。Google Distributed Cloud を使用することで、お客様はデータベース、機械学習、データ分析、コンテナ管理などの Google Cloud サービスを利用してアプリケーションを移行またはモダナイズし、データをローカルで処理できます。また、主要ベンダーが提供するサードパーティのサービスを自社専用の環境で利用することもできます。リリース時には、CiscoDellHPENetApp などのパートナーの多様なポートフォリオでこのサービスがサポートされています。

このポートフォリオに含まれる最初のサービスが、Google Distributed Cloud EdgeGoogle Distributed Cloud Hosted です。

Google Distributed Cloud Edge 

本日プレビュー版の提供を開始した Google Distributed Cloud Edge は、Google Cloud のインフラストラクチャとサービスをデータが生成および消費される場所に近づけるフルマネージド プロダクトです。Google Distributed Cloud Edge は、5G コアや無線アクセス ネットワーク(RAN)機能をエンタープライズ アプリケーションとともにエッジで実行して、コンピュータ ビジョンや Google AI エッジ推論などのミッション クリティカルなユースケースに対応できるようにします。

Google Distributed Cloud Edge は、ローカルデータ処理の実行、低レイテンシのエッジ コンピューティング ワークロード、オンプレミス環境のモダナイズ、そしてさまざまな業界におけるプライベート 5G/LTE ソリューションのデプロイに最適です。Google Distributed Cloud Edge により、小売業者は Google ネットワークのロケーションにアプリケーションをプロビジョニングできるため、店舗チームは IT の処理よりも顧客の対応に専念できます。製造業者は、工場での目視検査に動画を使用することで時間と費用を節約できます。CSP は、プライベート 5G とローカライズされたコンピューティングを使用して顧客に高速帯域幅を提供できます。

Google Distributed Cloud Edge は Google の通信業界向けソリューションを基盤に構築されており、CSP が Intel や NVIDIA テクノロジーでワークロードを実行して、新しい 5G やエッジのユースケースを提供できるようにします。また、Google Distributed Cloud Edge により、ISV やネットワーク機能のパートナー、アプリケーション デベロッパー、データ サイエンティストは、イノベーションやスケーリングを迅速かつ効率的に実現できます。

「CSP は、エッジ ソリューションに柔軟性とアジリティをもたらすクラウドネイティブ ネットワーク アーキテクチャを迅速にデプロイする方法を模索しています」と、Intel のネットワーク プラットフォーム グループ担当バイス プレジデント兼ゼネラル マネージャの Dan Rodriguez 氏は語ります。「Google Distributed Cloud Edge により、Intel® Smart Edge Open、Intel の FlexRAN® リファレンス ソフトウェア、Intel® Xeon® スケーラブル プロセッサを利用した 5G Telco Cloud とエッジでのサービスの提供が加速されます」

「Google Distributed Cloud Edge に関して Google Cloud と提携できることを大変うれしく思います」と語るのは、NVIDIA のテレコム担当シニア バイスプレジデントである Ronnie Vasishta 氏です。「この提携は GPU による高速なコンピューティングおよびネットワーキング ソリューションの提供を目的とした両社の継続的なパートナーシップに基づいたもので、通信業界および企業がデータと AI-on-5G またはエッジでの AI 実行を活用して新しいビジネス チャンスを開拓できるよう支援します」

また、Google ではパートナーの 5G 以降のネットワークにクラウド機能を提供することにも取り組んでいます。Google Distributed Cloud Edge により、以前に発表した Ericsson と Nokiaの両社とのグローバルな戦略的パートナーシップがさらに強化され、クラウド ネイティブの 5G コアでの新しいソリューションの構築と、企業向けビジネス サービス プラットフォームとしてのネットワーク エッジの開発が促進されます。

「この発表は、Google のエッジ コンピューティング プラットフォーム向けの Nokia クラウド ネイティブ 5G コアと Nokia 無線ソリューションの開発を目的とした Google Cloud との進行中のパートナーシップに基づいたものです。この関係を Google Distributed Cloud Edge にまで拡張することで、お客様の選択肢を増やして柔軟性を高め、最終的には複数のクラウドベース ソリューションによりグローバルな顧客ベースにネットワーク エッジで 5G サービスを提供できるようにしていきます」と、Nokia の戦略およびテクノロジー最高責任者である Nishant Batra 氏は述べています。

Google ではネットワークのモダナイゼーションに加えて、エッジ エコシステムの構築に重点を置いており、CSP が接続サービスにとどまらずエッジも収益化できるように支援していきます。5G とエッジの強力な組み合わせにより、企業はビジネスのデジタル化を継続しながら、専用環境で信頼できるパートナー エコシステムが提供するサードパーティのサービスを利用できます。

「Google Distributed Cloud の発表は、ネットワークがイノベーションのプラットフォームになるという Ericsson のビジョンを後押しするもので、エコシステム全体にわたって企業が必要とする方法で将来のアプリケーションを提供できるようにして、5G とエッジの可能性を最大限に引き出します」と、北米 Ericsson のバイス プレジデント兼ハイパースケール クラウド プロバイダ担当責任者である Rishi Bhaskar 氏は述べています。

Google Distributed Cloud Hosted

機密性が高いワークロードの実行を目的として設計された Google Distributed Cloud Hosted は、Google が昨年概要を示したデジタル主権のビジョンに基づいて構築されており、データ所在地、セキュリティ、プライバシー要件が厳しい公共部門のお客様や企業をサポートします。

Google Distributed Cloud Hosted は、自社で管理を行う場合でも専任の信頼できるパートナーを通じてホストする場合でも、オンプレミスのデプロイをモダナイズする安心、安全な方法を提供します。Google Distributed Cloud Hosted では、Google Cloud に常時接続してインフラストラクチャ、サービス、API、ツールを管理する必要はなく、Anthos によって運用のために提供されるローカル コントロール プレーンを使用します。Google Distributed Cloud Hosted は、2022 年前半にプレビュー版の利用が開始される予定です。

Google では、ヨーロッパ全体のお客様や政府のニーズに対応するために、「ヨーロッパで求められる条件に即したクラウド」イニシアチブの一環として、信頼できるパートナー サービスの構築も行っています。このようなパートナーは、機能性やイノベーションのペースを犠牲にすることなく、政府や企業に最高レベルのデジタル主権を提供します。最初のパートナーとなるのが、ドイツの T-Systems とフランスの OVHcloud の 2 社です。

T-Systems は、Google Cloud と提携して、ドイツに拠点を置く民間および公共部門の組織向けにクラウド サービスを構築しています。これは 2022 年半ばに利用可能になる予定です。

「T-Systems と Google Cloud には、ヨーロッパの政府や企業のデジタル主権、持続可能性、経済的目標を満たすクラウドベースのソリューションを開発するという共通の目標があります」と、T-Systems のグローバル クラウド コンピューティングおよびビッグデータとエッジ担当シニア バイス プレジデントである Frank Strecker 氏は語ります。「両社が協力して、ドイツのお客様が急速に進化するデータ、運用、ソフトウェア主権の要件を満たせるように、安心感を高めるクラウド ソリューションを提供していきます」

また、Google はフランスとヨーロッパの組織がビジネスのデジタル変革と再考を加速できるように、OVHcloud との戦略的パートナーシップを発表しました。

「当社は Google Cloud がヨーロッパのお客様、パートナー、政策立案者の意見に耳を傾ける様子を見てきて、さらに優れた制御と自律性の必要性を聞きました」と、OVHcloud の CSO である Sylvain Rouri 氏は語ります。「両社は共に、Google Cloud の全機能を活用して一般データ保護規則の要件を満たしながら、クライアントがデータ、ソフトウェア、運用を完全に制御できるようにするクラウド サービス ポートフォリオを構築していきます」

進化するニーズに合わせたクラウド インフラストラクチャの構築

真の分散型クラウドの構築に加えて、Google Cloud のコア インフラストラクチャ(コンピューティング、ネットワーク、ストレージ機能)に関する取り組みも引き続き行われています。

今年、Google Cloud はグローバル インフラストラクチャを拡張するために、ワルシャワデリーメルボルントロントの 4 か所に新しいリージョンを開設しました。現在世界中に 28 のリージョンを持ち、ハイパースケール クラウド プロバイダの中でレイテンシが最小となる最大ネットワークとなっています。また、ベルリン ブランデンブルク、サンティアゴ、パリ、ミラノ、トリノ、マドリッド、サウジアラビア、イスラエル、オハイオ州コロンバスなどのロケーションに今後リージョンを開設予定であることも発表しました。これらの Google Cloud リージョンは、世界中の 140 を超えるネットワーク エッジ ロケーションと組み合わせて、ユーザーに優れたエクスペリエンスを保証するために必要なサービス、容量、パフォーマンスを提供します。

また、今後も継続してネットワークを進化させるために、Google サービスへのアクセスを改善する海底ケーブルに投資しています。米国東海岸と南米の 3 つのロケーションを接続する Firmina と呼ばれる海底ケーブルが加わり、現在 19 の海底ケーブルに投資しています。これらすべてを利用することで、Google Cloud 上に構築されたビジネスに革新的なインフラストラクチャを提供できます。

google cloud subsea cables.jpg

サービス中心のネットワーキング

グローバル ネットワークの範囲の拡大に伴って、Google では接続からオブザーバビリティまですべてを簡素化するサービス中心のネットワーキング機能を構築しています。相互接続、VPN、SD-WANを備えた組織向けに、Networking Connectivity Center では、Network Intelligence Center を介した監視と視覚化による集中管理モデルを提供します。また、Private Service Connect により、Bloomberg、MongoDB、Elastic などのパートナーやお客様は、基盤となるネットワークを構成しなくても、サービスに簡単に接続できるようになりました。

オンプレミスとクラウドの両方にワークロードがある企業は、ハイブリッド ロード バランシングを利用してアプリケーションの配信を安全に最適化できます。悪意のあるボット攻撃の検出と防止に役立つように、Google では先日 reCAPTCHA Enterprise と Cloud Amor を統合しました。Cloud IDS と組み合わせることで、Google ネットワーク エッジはクラス最高のセキュリティで強化されます。

業界トップクラスのコンピューティング性能

Google Cloud が選ばれる理由の 1 つは、最新のハイ パフォーマンス コンピューティング サービスを利用できることです。たとえば、Compute Engine は、AMD 上に構築された、スケールアウト型ワークロード向けに最適化された Tau VM を使用して構成できます。Tau VM プロセッサは、主要なパブリック クラウド ベンダーの汎用仮想マシンと比較して 42% 高いコスト パフォーマンスを実現します。

また本日、新しい Compute Engine、Spot VM のプレビュー版を発表いたします。Spot VM は、保証される最小節約額と料金の予測可能性の点で、他の主要なクラウド プロバイダのスポット インスタンスよりも優れています。Spot VM は過剰なコンピューティング容量に対する制限が少なく、Google Cloud のプリエンプティブル インスタンスの未来となります。

Tau VMSpot VM はどちらも Google Kubernetes Engine(GKE)でサポートされています。

信頼性が高く安全なストレージ

Google Cloud ではこの 1 年、ストレージをより使いやすく、よりパフォーマンスが高く、企業にとって最適な選択肢にすることに注力してきました。最近、Google は人気の高い Cloud Storage サービスへの拡張機能の追加を発表し、2 つの新しいサービス、Filestore EnterpriseBackup for GKE を導入しました。これらの新機能により、さまざまなアプリケーションやユースケースで、データを即座に保護できるようになります。これらのストレージに関する発表について詳しくは、オンデマンド ウェビナー、デベロッパーのポッドキャストでご紹介しています。また、NEXT '21 でストレージに焦点を当てたセッションにもぜひご参加ください。

柔軟なクラウド戦略の提供

Google の目標は、お客様のクラウドへの移行を簡単にすることです。イノベーションの迅速化とコスト節約に役立つ革新的な機能を備えたオープンなアプローチに従って、組織の進化に合わせた最大限の柔軟性と選択肢を提供します。「Driving Transformation with Google Distributed Cloud(Google Distributed Cloud で変革を推進)」スポットライト セッションに参加して、分散型クラウド環境でのアプリケーションのモダナイゼーションとインフラストラクチャへの Google の最新の投資に関するインタラクティブなライブデモをご覧ください。

- IaaS 部門プロダクト担当ゼネラル マネージャー兼バイス プレジデント Sachin Gupta