Cloud Bigtable のステータス コード

返されるコード

Cloud Bigtable Data API から返される gRPC ステータス コードは次のとおりです。

コード ステータス カテゴリ 説明
  1. GCP Console の [モニタリング] ページで報告されるシステムエラー率の指標には含まれません。
  2. GCP Console の [モニタリング] ページで報告されるユーザーエラー率の指標には含まれません。
0 OK エラーではない 成功。
1 CANCELLED システムエラー1 オペレーションがキャンセルされました。通常、キャンセルは呼び出し元により行われます。クライアント ライブラリとサーバーのどちらによってオペレーションがキャンセルされたかにより、期限を超過したオペレーションが CANCELLED エラーまたは DEADLINE_EXCEEDED エラーで戻ります。トラブルシューティングの追加情報については、DEADLINE_EXCEEDED の説明をご覧ください。
2 UNKNOWN システムエラー 不明。
3 INVALID_ARGUMENT ユーザーエラー クライアントが無効な引数を指定しました。
4 DEADLINE_EXCEEDED システムエラー1 オペレーションが完了する前に期限が切れました。システムの状態を変更するオペレーションの場合、オペレーションが正常に完了しても、このエラーが返されることがあります。たとえば、サーバーからの正常な応答が遅延して期限切れになることがあります。
5 NOT_FOUND ユーザーエラー リクエストされたエンティティが見つかりませんでした。
6 ALREADY_EXISTS ユーザーエラー2 クライアントが作成しようとしたエンティティはすでに存在します。
7 PERMISSION_DENIED ユーザーエラー 呼び出し元には、指定されたオペレーションを実行する権限がありません。なお、このエラーコードは次の状況を示唆するわけではありません
  • 有効なリクエストである
  • リクエストされたエンティティが存在する
  • リクエストが前提条件を満たしている
8 RESOURCE_EXHAUSTED ユーザーエラー リソースが不足しています。このエラーコードは、アプリケーションがプロジェクト レベルの API 割り当てを使い果たしたか、ノード上限またはノードのストレージ上限に達したことを意味する場合があります。
9 FAILED PRECONDITION2 ユーザーエラー システムがオペレーションを実行できる状態になっていないため、オペレーションが拒否されました。状況によっては、再試行することをおすすめします。たとえば、作成中のテーブルに対してオペレーションを実行しようとすると、このエラーが発生する可能性があります。
10 ABORTED システムエラー オペレーションが中止されました。これは通常、シーケンサー チェックの失敗やトランザクションの中止などの同時実行の問題が原因です。また、読み取りに時間がかかりすぎている可能性もあります。
11 OUT_OF_RANGE ユーザーエラー オペレーションの再試行回数が上限を超えました。
12 UNIMPLEMENTED システムエラー オペレーションが実装されていないか、このサービスではサポート対象外または無効化されています。
13 INTERNAL システムエラー 内部エラー。
14 UNAVAILABLE システムエラー サービスがダウンしているか、一時的に過負荷状態になっている可能性があります。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Bigtable ドキュメント