Python Search API スタートガイド

2012 年 10 月、Amy Unruh
Google Developer Relations

このクラスでは、Python Search API for Google App Engine の概要を示します。このクラスと後続クラスにより、Search API の特徴と機能について理解し、App Engine アプリケーションで全文検索が可能になります。

アプリケーションで Search API を使用することで、構造化データに対して Google のような全文検索を行ったり、位置情報に基づくクエリを行ったりすることができます。次のようなアプリケーション ドメインでは、全文検索を行えると便利です。

  • オンライン ストアでの商品検索。このコースで使用するサンプル アプリケーションでは、シンプルな検索が可能になっています。
  • 近くの店舗やイベントの場所の特定
  • ユーザーのクチコミの検索
  • ブログの投稿とコメントの検索
  • ドキュメントの検出
  • ヘルプデスクの回答の取得
  • 履歴書の検索と採用活動

Search API では簡単なモデルによって、データのインデックスへの追加と検索を行い、結果を表示します。検索ドキュメントによって記述されている限り、あらゆるデータのクエリが可能です。 ドキュメントでフィールドを使用してデータを構造化し、ドキュメントに含まれるさまざまなタイプのデータを記述して、ドキュメントをインデックスに追加します。

ドキュメントをインデックスに追加すると、Search API の包括的なクエリ言語を使用してインデックスを検索できます。クエリを実行する際には、クエリ結果の並び順の指定、検索結果の表示内容の調整、結果カーソルとオフセットの使用が行えます。

目標

  • App Engine Search API の基本的な使用方法を学習します。

前提条件

  • Python 2.7 と Python 用 Google App Engine SDK

  • Python に関するある程度の知識

  • Python App Engine アプリケーションの基本的な構造に関する知識

  • 開発用ウェブサーバーによってアプリケーションをローカルで実行し、appspot.com にアプリケーションをデプロイする方法の知識

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境