ユーザーの認証

このページは、Google ユーザー アカウントで機能する Users API を使用して、ユーザーを認証する方法について説明します。

このページは複数のページからなるチュートリアルの一部です。設定の手順を最初から見ていくには、ゲストブックの作成に移動してください。

Users API の使用

GitHub からクローンを作成したアプリケーション コードで説明します。

  1. このサンプルコードでは、ユーザーがアプリケーションにすでにログインしている場合、getCurrentUser() がそのユーザーの User オブジェクトを返します。それ以外の場合は、null を返します。

    # Looks for current Google account session
    $user = UserService::getCurrentUser();

  2. ユーザーがログインしている場合、ユーザー アカウントに関連付けられたニックネームを使用して、そのユーザー用にカスタマイズされたメッセージが表示されます。

    if ($user) {
        echo 'Hello, ' . htmlspecialchars($user->getNickname());
    }

  3. ユーザーがログインしていない場合、Google アカウントのログイン画面にリダイレクトされます。リダイレクトには、このページの URL($_SERVER['REQUEST_URI'] で)が含まれているため、ユーザーがログインか新規アカウントの作成を行うと、Google アカウント ログイン メカニズムによりこのページにリダイレクトされます。

    else {
        header('Location: ' . UserService::createLoginURL($_SERVER['REQUEST_URI']));
    }

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine スタンダード環境