LocalServiceTestHelper

com.google.appengine.tools.development.testing

クラス LocalServiceTestHelper

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.tools.development.testing.LocalServiceTestHelper


  • public class LocalServiceTestHelper
    extends java.lang.Object
    ローカルの App Engine サービスをテストするヘルパークラス。テストの一環としてアクセスするサービスごとに 1 つの LocalServiceTestConfig インスタンスを使用してヘルパーを構築します。その後、各テストの実行前に setUp() を呼び出し、各テストの実行後に tearDown() を呼び出します。特定のテストハーネスは想定されていませんが、ここではタスクキューとデータストアを使用する JUnit 3 の例を示します。
     public void MyTest extends TestCase {
    
       private final LocalServiceTestHelper helper = new LocalServiceTestHelper(
         new LocalTaskQueueTestConfig(), new LocalDatastoreServiceTestConfig());
    
       @Override
       public void setUp() {
         super.setUp();
         helper.setUp();
       }
    
       @Override
       public void tearDown() {
         helper.tearDown();
         super.tearDown();
       }
     }
     
    • コンストラクタの詳細

      • LocalServiceTestHelper

        public LocalServiceTestHelper(LocalServiceTestConfig... configs)
        指定した設定で LocalServiceTestHelper を構築します。
        パラメータ:
        configs - セットアップおよび破棄が必要なローカル サービスの場合。
    • メソッドの詳細

      • setEnvAppId

        public LocalServiceTestHelper setEnvAppId(java.lang.String envAppId)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getAppId() によって返される値。
        パラメータ:
        envAppId -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvModuleId

        public LocalServiceTestHelper setEnvModuleId(java.lang.String envModuleId)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getModuleId() によって返される値。
        パラメータ:
        envModuleId -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvVersionId

        public LocalServiceTestHelper setEnvVersionId(java.lang.String envVersionId)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getVersionId() によって返される値。
        パラメータ:
        envVersionId -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvInstance

        public LocalServiceTestHelper setEnvInstance(java.lang.String envInstance)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment() が保持する現在のインスタンス ID。
        パラメータ:
        envInstance - -1 以上の整数である必要があります(デフォルト インスタンス)。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvEmail

        public LocalServiceTestHelper setEnvEmail(java.lang.String envEmail)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getEmail() によって返される値。
        パラメータ:
        envEmail -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvIsLoggedIn

        public LocalServiceTestHelper setEnvIsLoggedIn(boolean envIsLoggedIn)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().isLoggedIn() によって返される値。
        パラメータ:
        envIsLoggedIn -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvIsAdmin

        public LocalServiceTestHelper setEnvIsAdmin(boolean envIsAdmin)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().isAdmin() によって返される値。
        パラメータ:
        envIsAdmin -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvAuthDomain

        public LocalServiceTestHelper setEnvAuthDomain(java.lang.String envAuthDomain)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getAuthDomain() によって返される値。
        パラメータ:
        envAuthDomain -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setRemainingMillisTimer

        public LocalServiceTestHelper setRemainingMillisTimer(LocalServiceTestHelper.RequestMillisTimer timer)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getRemainingMillis() によって返される値を返すオブジェクトを設定します。
        パラメータ:
        timer - 残っている時間を返すタイマー。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvRequestNamespace

        public LocalServiceTestHelper setEnvRequestNamespace(java.lang.String envRequestNamespace)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getRequestNamespace() によって返される値。
        パラメータ:
        envRequestNamespace -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnvAttributes

        public LocalServiceTestHelper setEnvAttributes(java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object> envAttributes)
        ApiProxy.getCurrentEnvironment().getAttributes() によって返される値。
        パラメータ:
        envAttributes -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setClock

        public LocalServiceTestHelper setClock(Clock clock)
        すべてのローカル サービスが初期化されるクロックを設定します。ローカル サービスが初期化されると、そのクロックは変更できなくなります。
        パラメータ:
        clock -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setEnforceApiDeadlines

        public LocalServiceTestHelper setEnforceApiDeadlines(boolean val)
        API 呼び出しが本番環境と同じ有効期限の対象となるかどうかを決定します。デフォルトは false です。
        パラメータ:
        val -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setSimulateProdLatencies

        public LocalServiceTestHelper setSimulateProdLatencies(boolean val)
        ローカル サービスが本番環境のレイテンシをシミュレートするかどうかを決定します。デフォルトは false です。
        パラメータ:
        val -
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setTimeZone

        public LocalServiceTestHelper setTimeZone(java.util.TimeZone timeZone)
        テストを実行するタイムゾーンを設定します。設定されていない場合は、Google の本番環境と同じタイムゾーンおよび dev appserver(UTC)を使用します。コードに user.timezone システム プロパティを変更する権限がある場合、JVM のデフォルトのタイムゾーンが変更されることに注意してください。ただし、コードにこの権限がない場合、タイムゾーンは現在のスレッドに対してのみ変更されます。
        パラメータ:
        timeZone - タイムゾーン
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • setUp

        public final LocalServiceTestHelper setUp()
        ローカル サービスを使用するテストを実行できる環境をセットアップします。
        戻り値:
        this(チェーン用)
      • newEnvironment

        protected com.google.apphosting.api.ApiProxy.Environment newEnvironment()
        インストールされる ApiProxy.Environment を構築します。独自の実装を提供するには、サブクラス化してオーバーライドします。
      • newLocalServerEnvironment

        protected LocalServerEnvironment newLocalServerEnvironment()
        インストールされる LocalServerEnvironment を構築します。独自の実装を提供するには、サブクラス化してオーバーライドします。
      • newLocalServerEnvironment

        protected LocalServerEnvironment newLocalServerEnvironment(java.lang.Integer apiServerPort)
      • tearDown

        public final void tearDown()
        ローカル サービスを使用するテストを実行できる環境を破棄します。
      • endRequest

        public static void endRequest()
        リクエストが終了し、ローカル サービスが任意のポスト リクエスト作業を行うことができることを示します。このメソッドはオプションです。これは tearDown() で自動的に実行されます。独自の tearDown / @After メソッドから tearDown() を呼び出し、リクエストを終了して動作を確認する必要がある場合にのみ、このメソッドを呼び出す必要があります。
      • getApiProxyLocal

        public static ApiProxyLocal getApiProxyLocal()
        現在登録されている ApiProxyLocal を取得するための便利な関数。
      • getLocalService

        public static LocalRpcService getLocalService(java.lang.String serviceName)
        特定のローカル サービスを取得するための便利な関数。たとえば、LocalDatastoreService を取得するには、getLocalService(LocalDatastoreService.PACKAGE) を呼び出します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境