LocalBasementServiceTestConfig

com.google.appengine.tools.development.testing

クラス LocalBasementServiceTestConfig

  • java.lang.Object
    • com.google.appengine.tools.development.testing.LocalBasementServiceTestConfig
  • すべての実装インターフェース:
    LocalServiceTestConfig


    public class LocalBasementServiceTestConfig
    extends java.lang.Object
    implements LocalServiceTestConfig
    テストで LocalBasementService にアクセスするための設定。期待されるデータが書き出されていることを確認するには、最初に、データの書き出し先である OutputStream を次のように指定する必要があります。
    {@code
       private ByteArrayOutputStream protoStream = new ByteArrayOutputStream();
       LocalServiceTestHelper helper;
    • コンストラクタの詳細

      • LocalBasementServiceTestConfig

        public LocalBasementServiceTestConfig()
    • メソッドの詳細

      • getLocalBasementService

        public static LocalBasementService getLocalBasementService()
      • setLogToSawmillProtoStream

        public LocalBasementServiceTestConfig setLogToSawmillProtoStream(java.io.OutputStream out)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。リクエストの最終的なマージ済み proto が、指定した OutputStream に書き出されるようになります。このメソッドが呼び出されない場合や、null を指定して呼び出された場合は、最終的なマージ済み proto は書き出されません。デフォルトは null で、呼び出される必要があります(注: 適用されるのは単体テストのみです。Dev App Server でのデフォルトはファイルシステムへの書き出しです)。最終的なマージ済み proto が書き出されるのは、リクエストが終了した後のみです。このことを単体テストに対して示すには、LocalServiceTestHelper#endRequest() または LocalServiceTestHelper#tearDown() を呼び出します。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper#setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        out - クローズしていない OutputStream。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setLogToSawmillEnable

        public LocalBasementServiceTestConfig setLogToSawmillEnable(boolean b)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定した有効化状態になります。無効化されているときは、アプリに SAWMILL_APP_EXTENSIONS_ENABLE 権限がない場合にエントリ ポイントは本番環境と同じようにスローします。デフォルトは true です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper#setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        b - サービスによるログ記録を許可する場合は True。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setLogToSawmillIgnore

        public LocalBasementServiceTestConfig setLogToSawmillIgnore(boolean b)
        LocalBasementServiceTestConfig を作成するための LocalBasementService を設定します。指定した無視状態になります。無視されるときは、LogToSawmillService#log(byte[]) の実行時に日付がすべて削除され、エントリ ポイントはこのことを戻り値の中で示すようになります。デフォルトは false です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper#setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        b - サービスによるログ記録を許可する場合は False。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setLogToSawmillLogEveryCall

        public LocalBasementServiceTestConfig setLogToSawmillLogEveryCall(boolean b)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。LogToSawmillService#log(byte[]) のすべての呼び出しのログが Logger で記録されるようになります。デフォルトは false です(注: 適用されるのは単体テストのみです。Dev App Server でのデフォルトは true です)。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper#setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        b - ローカル サービスですべての呼び出しをログに記録する場合は True。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setGaiaMintEmail

        public LocalBasementServiceTestConfig setGaiaMintEmail(java.lang.String email)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定したメールアドレスが、GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しで返されるようになります。デフォルトは "example@example.com" です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        email - GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint から返すメールアドレス。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setGaiaMintUserId

        public LocalBasementServiceTestConfig setGaiaMintUserId(java.lang.String userId)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定したユーザー ID が、GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しで返されるようになります。デフォルトは "135705915318242114242" です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        userId - GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint から返すユーザー ID。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setGaiaMintAuthDomain

        public LocalBasementServiceTestConfig setGaiaMintAuthDomain(java.lang.String authDomain)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定した認証ドメインが、GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しで返されるようになります。デフォルトは "gmail.com" です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        authDomain - GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint から返す認証ドメイン。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setGaiaMintIsAdmin

        public LocalBasementServiceTestConfig setGaiaMintIsAdmin(boolean isAdmin)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。ユーザーが管理者かどうかが、GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しで返されるようになります。デフォルトは false です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        isAdmin - GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しのときに、ユーザーを管理者にするかどうか。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setGaiaMintGaiaId

        public LocalBasementServiceTestConfig setGaiaMintGaiaId(long gaiaId)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定した gaia ID が、GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しで返されるようになります。デフォルトは 8242114242L です。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        authDomain - GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint から返す gaia ID。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • addGaiaMintAllowedScope

        public LocalBasementServiceTestConfig addGaiaMintAllowedScope(GaiaMintScopeCode.ScopeCode allowedScope)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。特定の GaiaMintScopeCode.ScopeCode が許可されるようになります。許可されていないスコープを指定して GaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint を呼び出すと失敗します。許可されるスコープのリストが空の場合や GaiaMintScopeCode.ScopeCode#API_ALL_SCOPES が含まれている場合は、すべてのスコープが許可されます。このメソッドの呼び出しは、LocalServiceTestHelper.setUp() を呼び出す前に行う必要があります。
        パラメータ:
        allowedScope - GaiaMintScopeCode.ScopeCodeGaiaMintService#getUserinfoFromGaiaMint の呼び出しに対して許可されるスコープを指定します。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setOneGoogleServerSpec

        public LocalBasementServiceTestConfig setOneGoogleServerSpec(java.lang.String serverSpec)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定したサーバー仕様が、デフォルトの代わりに OneGoogle バックエンドに使用されるようになります(LocalBasementService.ONE_GOOGLE_SERVER_SPEC_DEFAULT をご覧ください)。 注: ほとんどの単体テストでは、このメソッドを呼び出す必要はありません。setOneGoogleStub( OneGoogleServerProto.OneGoogleService.Stub) を使用してモックスタブをインストールしてください。
        パラメータ:
        serverSpec - 接続先となる OneGoogle バックエンド サーバー仕様。
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setOneGoogleStub

        public LocalBasementServiceTestConfig setOneGoogleStub(OneGoogleServerProto.OneGoogleService.Stub stub)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定した OneGoogleServerProto.OneGoogleService.Stub が、RPC を OneGoogleService サーバーに送信するときに使用されるようになります。
        パラメータ:
        stub - OneGoogleServerProto.OneGoogleService.Stub
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
      • setClock

        public LocalBasementServiceTestConfig setClock(Clock clock)
        LocalBasementService を作成するための LocalBasementServiceTestConfig を設定します。指定した(@link com.google.common.time.Clock)が、現在時刻を特定するときに使用されるようになります。
        パラメータ:
        clock - com.google.common.time.Clock
        戻り値:
        自身(呼び出しチェーン用)
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Java の App Engine スタンダード環境