API のモニタリング

このページでは、API Gateway によって自動管理されるログと指標を使用して、API Gateway API の正常性をモニタリングする方法を説明します。

API を作成すると、API Gateway によって、対応するマネージド サービスが自動的に作成されます。作成されたマネージド サービスの名前は、次のコマンドの出力で確認できます。

gcloud api-gateway apis describe API_ID

サービスの名前は managedService フィールドの値です。

ユーザーが API にリクエストを行うと、API Gateway はリクエストとレスポンスに関する情報をログに記録します。API Gateway は、モニタリングにおける 4 つのゴールデン シグナルのうち、レイテンシ、トラフィック、エラーの 3 つを追跡します。これらの使用状況とパフォーマンスの指標は API のモニタリングに役立ちます。

始める前に

表示するためのログと指標を生成するには、API をデプロイし、API にリクエストを送信します。まだ API を作成してゲートウェイにデプロイしていない場合は、API Gateway のクイックスタートをお試しください。

API の概要

サービスに関連する問題をデバッグする場合も、すべてが正常に機能していることを確認する場合も、API の概要に移動します。

  1. Google Cloud Console で、プロジェクトの [API Gateway] > [API] ページに移動します。

    [API] ページに移動

  2. API が複数ある場合は、モニタリング対象の API をクリックします。

  3. [概要] タブが表示されていることを確認します。

グラフ

概要ページには、一部の指標に関する多数のグラフが用意されており、急激な上昇や下落、予期せぬアクティビティをすぐに確認できます。ページ上部のフィルタを使用して、以下の操作が可能です。

  • [グラフを選択] プルダウン リストを使用して、必要な指標のグラフを表示し、表示する必要のないグラフを削除します。
  • さまざまな時間枠を選択してグラフを調整します。これにより、表示される値の時間枠が調整され、ポイントの粒度も変化します。

メソッド テーブル

さらに詳細に調べる場合は、グラフの下方にスクロール ダウンし、個々の API メソッドの指標が示されたテーブルを表示します。例を挙げてみます。

  • 表の左上隅にある [表をフィルタリング] アイコンをクリックして、プルダウン テーブルから詳細なフィルタクエリ オプションを選択します。複数のキーワードを検索するには、各フィルタクエリの間に OR を追加します。
  • 表の右上にあるプルダウン リストを表示するには、列表示オプション アイコンをクリックします。目的の指標を確認し、不要な指標のチェックボックスをオフにします。
  • [概要] ページの右上隅にある時間枠選択ツールを使用して、テーブル内の指標値に適用する時間枠を選択します。これにより、グラフと表の両方に適用される時間枠が選択されます。

ログ

指標で問題を特定したら、Google Cloud Console の [ログ エクスプローラ] ページを使用して、API のリクエストとレスポンスのログを表示します。

  • 個々の API メソッドのログを表示するには、表内の [ログを表示] をクリックします。

  • API のすべてのメソッドのログを表示するには、右下隅にある [すべてのログを表示] をクリックします。

  • [ログ エクスプローラ] ページで API Gateway のログを直接見つけるには:

    1. Cloud Console で、[ログ エクスプローラ] ページに移動します。

      [ログ エクスプローラ] ページに移動

    2. [生成された API]、[SERVICE_NAME] を選択します。ここで、SERVICE_NAME はマネージド サービスの名前です。

ログ エクスプローラのログ構造の詳細については、API Gateway のログ リファレンスをご覧ください。

ログを使用して、以下を行うこともできます。

特定のユーザー プロジェクトのフィルタ

特定のユーザー プロジェクトの指標をフィルタするには:

  1. API ユーザーのプロジェクトのプロジェクト番号を取得します。API ユーザーのプロジェクトにアクセスする権限がない場合は、プロジェクト番号を取得する権限を持つ担当者に問い合わせてください。

  2. Cloud Console で、プロジェクトの [API Gateway] > [API] ページに移動します。

    [API] ページに移動

  3. [概要] ページの左上隅にある [プロジェクト番号でフィルタ] フィールドにプロジェクト番号を入力します。

  4. [フィルタ] をクリックします。

ページの指標は、指定したプロジェクトからのトラフィックのみを反映するように更新されます。

次のステップ