Vision API リクエストを作成する

Cloud Vision API は、HTTP POST オペレーションを使用して、リクエストで送信した画像のデータ解析を行う REST API です。この API では、リクエストとレスポンスの両方で JSON を使用します。

まとめ

エンドポイント

Vision API は、1 つの HTTP リクエスト メソッド(annotate)をサポートする単一のエンドポイント(https://vision.googleapis.com/v1/images)で構成されています。

POST https://vision.googleapis.com/v1/images:annotate

認証

POST リクエストは、API キーまたは OAuth トークンのいずれかを渡して認証することが必要です。詳しくは、認証のページをご覧ください。

JSON リクエストの形式

POST リクエストの本文には、requests リストを 1 つ含む JSON オブジェクトが入ります。リストには AnnotateImageRequest タイプのオブジェクトを 1 つ以上含めることができます。

{
  "requests":[
    {
      "image":{
        "content":"/9j/7QBEUGhvdG9...image contents...eYxxxzj/Coa6Bax//Z"
      },
      "features":[
        {
          "type":"LABEL_DETECTION",
          "maxResults":1
        }
      ]
    }
  ]
}

リクエスト作成時の注意:

  • requests リストを 1 つ含める必要があります。

requests リストの説明:

  • image は、画像ファイルを指定します。base64 エンコード文字列、Google Cloud Storage ファイルの場所、または公開 URL を送信できます。詳しくは、画像の指定をご覧ください。

  • features では、画像に対して行うアノテーションのタイプをリストします。タイプは 1 つ以上指定でき、返される maxResults もタイプごとに指定できます。

  • imageContext(上の例には示されていません)では、境界ボックス、言語、クロップヒント、アスペクト比といった、アノテーションを補足するヒントをサービス リクエストに指定します。

画像の指定

リクエストで画像を指定するには次の 3 つの方法があります。

  • base64 エンコードの画像文字列として。画像がローカルに格納されている場合、文字列に変換し、image.content の値として渡すことができます。

    {
      "requests":[
        {
          "image":{
            "content":"/9j/7QBEUGhvdG9zaG9...image contents...fXNWzvDEeYxxxzj/Coa6Bax//Z"
          },
          "features":[
            {
              "type":"FACE_DETECTION",
              "maxResults":10
            }
          ]
        }
      ]
    }
    

    さまざまなプラットフォームでのエンコードについては、base64 エンコードをご覧ください。

  • Google Cloud Storage の URI として。完全な URI を image.source.imageUri の値として渡します。

    {
      "requests":[
        {
          "image":{
            "source":{
              "imageUri":
                "gs://bucket_name/path_to_image_object"
            }
          },
          "features":[
            {
              "type":"LABEL_DETECTION",
              "maxResults":1
            }
          ]
        }
      ]
    }
    

    Cloud Storage 内のファイルには、使用する認証方式によりアクセス可能でなければなりません。API キーを使用している場合、ファイルは公開され、アクセス可能でなければなりません。サービス アカウントを使用している場合、そのサービス アカウントを作成したユーザーからファイルにアクセス可能でなければなりません。

  • HTTP または HTTPS でアクセス可能な公開 URL として。URL を image.source.imageUri の値として渡します。

    {
      "requests":[
        {
          "image":{
            "source":{
              "imageUri":
                "https://www.google.com/images/branding/googlelogo/2x/googlelogo_color_272x92dp.png"
            }
          },
          "features":[
            {
              "type":"LOGO_DETECTION",
              "maxResults":1
            }
          ]
        }
      ]
    }
    

JSON レスポンスの形式

annotate リクエストは、タイプが AnnotateImageResponse である JSON レスポンスを受け取ります。リクエストはどの機能タイプでも類似していますが、レスポンスは機能タイプごとに大きく異なる場合があります。詳しくは、Vision API リファレンスをご覧ください。

以下のコードは、下の写真に対するラベル検出のレスポンスの例です。

{
  "responses": [
    {
      "labelAnnotations": [
        {
          "mid": "/m/0bt9lr",
          "description": "dog",
          "score": 0.97346616
        },
        {
          "mid": "/m/09686",
          "description": "vertebrate",
          "score": 0.85700572
        },
        {
          "mid": "/m/01pm38",
          "description": "clumber spaniel",
          "score": 0.84881884
        },
        {
          "mid": "/m/04rky",
          "description": "mammal",
          "score": 0.847575
        },
        {
          "mid": "/m/02wbgd",
          "description": "english cocker spaniel",
          "score": 0.75829375
        }
      ]
    }
  ]
}

クライアント ライブラリ

Google では、リクエストの作成と送信、またレスポンスの受信と解析の処理を簡素化するため、複数のプログラミング言語でクライアント ライブラリを用意しています。

インストール方法と使用方法については、クライアント ライブラリをご覧ください。

フィードバックを送信...

Google Cloud Vision API ドキュメント