データ使用に関するよくある質問

Vision API に送信した画像を Google が使用することはありますか?
Cloud Vision API サービスを提供する以外の目的で、Google がお客様のコンテンツ(画像やラベルなど)を使用することはありません。
Vision API に送信した画像を Google が共有することはありますか?
Google は、Cloud Vision API サービスを提供するために必要な場合を除き、お客様が送信した画像を公開することや、誰かと共有することはありません。たとえば、ストレージやデータ伝送などのサービスの一部を提供するためにサードパーティ ベンダーを利用しなければならない場合があります。このようなベンダーは、所定のセキュリティ、機密保持、プライバシーの各契約の義務を負います。その他の目的で、送信される画像を第三者と共有したり、公開したりすることはありません。
Vision API に送信した画像や結果など、リクエスト自体に関する情報は Google のサーバーに保存されるのですか?その場合、情報はどこにどのくらいの期間で保存されますか?また、その情報にアクセスできますか?
Vision API に送信された画像は、分析を実行して結果を返すために短期間保存する必要があります。非同期のオフライン バッチ処理の場合、保存された画像にはフェイルセーフとして数時間の有効期間(TTL)が設定され、通常は処理が完了次第、削除されます。オンライン(即時応答)処理の場合、画像データはメモリ内で処理され、ディスクには保存されません。Google は、サービス向上と不正行為対策のために、Vision API リクエストに関する一部のメタデータ(リクエストの受信時刻やリクエストのサイズなど)を一時的に記録します。
Vision API に送信したデータのセキュリティを Google はどのように保護し、確保していますか?
Google の Cloud Services でのセキュリティ対策について説明している Google Cloud Platform のセキュリティ ページをご覧ください。
私のデータが Google Vision の機能向上のために使用されることはありますか?
現在、機械認識モデルなどの Google Vision の機能のトレーニングと機能向上のために、送信されたコンテンツを Google が使用することはありません。
Vision API にリクエストで送信したコンテンツの所有権を Google が主張することはありますか?
Vision API に送信したコンテンツ(画像やラベルを含む)のいずれの所有権についても Google が主張することはありません。
Vision API を再販することはできますか?
いいえ、Vision API サービスの再販は許可されていません。ただし、独立した価格のあるアプリケーションに Vision API を統合することは可能です。