Docker と Kubernetes の使用

は、

これらの機能を評価するための Docker イメージが用意されています。このイメージは AIStreamer の一部としてダウンロードできます。

ただし、サードパーティ製ソフトウェアの使用に関しては自己責任であるためご注意ください。Google はサードパーティ製ソフトウェアの著作権を所有していません。

前提条件

Docker イメージを構築する

取り込みディレクトリに移動して、ホストマシンで次のコマンドラインを実行します。

$ export DOCKER_IMAGE=gcr.io/gcp-project-name/docker-image-name:version
$ docker build -t $DOCKER_IMAGE -f env/Dockerfile .

ローカルホストで Docker イメージを試す

ホストマシンのターミナルで次のコマンドを実行します。

$ docker run -it $DOCKER_IMAGE /bin/bash

コマンドは、次の例のようなレスポンスを返します。

root@e504724e76fc:/#

Docker に接続している他のターミナルを開くには、ホストマシンで次のコマンドを実行します。

$ docker exec -it e504724e76fc /bin/bash

これにより、同じ Docker コンテナ内に両方のホスト ターミナルが存在するようになります。

Docker の画像環境設定

一部の環境設定は、Docker イメージ上でカスタマイズできます。

#set up environment for Google Video Intelligence Streaming API
ENV SRC_DIR /googlesrc  #Source code directory
ENV BIN_DIR /google     #Binary directory

Docker イメージを GCP コンテナ レジストリに push する

ホストマシンのターミナルで次のコマンドを実行します。

$ gcloud docker --verbosity debug -- push $DOCKER_IMAGE

アクセス制御を適切に設定することが必要な場合があります。

GCP にデプロイする

ホストマシンのターミナルで次のコマンドを実行します。

$ export KUBE_ID=any_string_you_like
$ kubectl run -it $KUBE_ID --image=$DOCKER_IMAGE -- /bin/bash

次のようなレスポンスが返されます。

root@$KUBE_ID-215855480-c4sqp:/#

GCP 上の同じ Kubernetes コンテナに接続している他のターミナルを開くには、ホストマシンで次のコマンドを実行します。

$ kubectl exec -it $KUBE_ID-215855480-c4sqp -- /bin/bash

これで、Google Cloud 上の同じ Kubernetes コンテナ内に両方のホスト ターミナルが存在するようになります。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Video Intelligence API ドキュメント