エンドポイント バックエンド向けコードの検証とクイック フィックス

サーバー側の Endpoints API 定義は、多くの構文ルールに従っている必要があります。Android Studio はこれらのルールを把握しており、コードの入力と同時に検証を行うので、誤りを防ぐことができます。Android Studio には Endpoints 固有の検査とクイック フィックスが用意されています。

入力中のコード検証

たとえば、デフォルトのバックエンド タイプである App Engine Java Endpoints Module では、プロジェクトの <backend-name>/src/main/java/<package-name>/MyEndpoint.java の中に次のような最小限のアノテーションが付いた Endpoints API があります。

    import javax.inject.Named;

    @Api(name = "myApi", version = "v1",
         namespace = @ApiNamespace(ownerDomain = "<package-name>",
                                   ownerName = "<package-name>",
                                   packagePath=""))
    public class MyEndpoint {
        @ApiMethod(name = "sayHi")
        public MyBean sayHi(@Named("name") String name) {
          MyBean response = new MyBean();
          response.setData("Hi, " + name);

          return response;
        }
    }

このコードの @Named は、サーバー側のメソッドに渡される非エンティティ型のパラメータすべてに必要です。このコードの sayHi を変更するときに、このアノテーションを追加するのを忘れた場合、Android Studio は、次のように入力時に問題のあるステートメントに下線を付けます。

バックエンドを追加

クイック フィックス

Android Studio では、よくある Cloud Endpoints 開発時の誤りを防ぐため、クイック フィックスを用意しています。クイック フィックスの提案を表示するには、Alt + Enter キー(Linux / Windows の場合)または + Enter キー(Mac の場合)を押します。たとえば、上記のコードサンプルで示した @Named アノテーションが欠落しているという問題については、次のようなクイック フィックスが表示されます。

バックエンドを追加

このリストから最初のクイック フィックス(Add @Named)を選択すると、@Named がメソッド パラメータに追加されます。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Tools for Android Studio