コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
クイックスタート: ML と Talent Solution を使用して求人検索結果を改善する

ML と Talent Solution を使用して求人検索結果を改善する

このページでは、Cloud Talent Solution、機械学習(ML)、クライアント イベントデータを使用して検索結果を改善する方法を説明します。

Cloud Talent Solution は、求人検索体験に機械学習を導入するサービスであり、一般的なキーワード ベース方式の制約をはるかに超えた高品質の結果を求職者に返します。CTS は、関連性モデルと求人 / スキルのオントロジーを、求人情報に自動的に適用します。求職者の活動に基づいてクライアント イベントを記録することで、求職者に返される結果を改善できます。

この機能を利用する方法は 2 つあります。どちらもこのクイックスタートで概説しています。createClientEventRequest API メソッドの使用をおすすめします。この API メソッドは、Cloud Pub/Sub を使用して Cloud Talent Solution にメッセージを送信する際の認証に関する課題を回避し、クリーンな API のセットで分析フレームワークを実装できます。

このチュートリアルを修了すると、クライアント イベントデータを公開できるようになります。

求職者が特定のアクションを行ったときに、API を使用してそのアクションを記録できます。たとえば、求職者やその他のエンティティは、サービスを操作しているときに、検索結果のリストを圧縮したりクリップしたりするなど、求人(または求人リスト)を自分のビューでレンダリングすることがあります。この場合、Cloud Talent Solution に IMPRESSION イベントを送信して、検索結果のコンテキストおよび求職者に表示される内容を提供できます。また、求職者が求人結果をクリックして詳しい職務内容を表示したときに、VIEW イベントを送信してこの求職者の関心をこの職位に登録できます。

用途

次の例は、この API を使用して、Cloud Talent Solution にメッセージを送信する方法を示しています。求職者や他のエンティティは、サービスを操作しているときに、検索結果のリストを圧縮またはクリップするなど、求人情報(または求人リスト)を自分のビューにレンダリングすることがあります。このイベントは、一般に求職者による 1 ページでの求人リストの表示に関連付けられます。

利用可能なイベントタイプの完全なリストについては、イベントタイプをご覧ください。

Cloud Pub/Sub を使用してクライアント イベント要求を記録する

要件

pubsub メッセージを公開するには、プロジェクト p-jobs とトピック cloud-jobs-events にだけメッセージを公開する必要があります。

requestID が含まれない pubsub メッセージは、すべて削除されます。

始める前に

以下が必要です。

このチュートリアルで取り上げる統合の手順では、パブリッシャー クライアントを作成し、Cloud Pub/Sub を通じてクライアント イベントを公開し、クリーンアップを行います。この統合を示すために、Java コードを使用する Cloud Talent Solution アプリケーションを順に説明していきます。この手順では、Java クライアント ライブラリの説明ではなく、Cloud Talent Solution の呼び出し方法の説明に重点を置いています。

Cloud Talent Solution にクライアント イベントデータを公開する

このセクションでは、クライアント イベントデータを Cloud Talent Solution に公開する手順を示します。このクライアント イベントデータを使用することで、特定の会社や求職者のニーズに合わせて関連付けを的確化できます。

Google Cloud Pub/Sub パブリッシャー ガイドに従って Cloud Talent Solution にメッセージを公開します。

実際に送信されるメッセージが以下に説明するパターンに従っていることを確認してください。

サンプル メッセージ

IMPRESSION イベント

JSON

    {
      "eventId": "857523730h91wrgkih9qpl12z8bf",
      "eventType": "IMPRESSION",
      "requestId": "8d2bdd5d-1361-42a5-a0fd-bd2b58b7d8fb:APAb7ISd4Sc5faibw2V5hTU/OoC2WAW5AA==",
      "relatedJobNames": [
        "jobs/4000000000",
        "jobs/4000000001"
      ],
      "eventTimestampMillis": 1518200614309,
    }
    

VIEW イベント

JSON

    {
      "eventId": "9q9wa69qgfx1q1xzwn3zo25z",
      "eventType": "VIEW",
      "requestId": "248pla4w-8wpl-87rt-15rt-430ue8u541m8",
      "relatedJobNames": [
        "jobs/8000000000",
        "jobs/8000000001"
      ],
      "eventTimestampMillis": 1518200617426,
    }
    

Cloud Talent Solution 管理ツールを使用して実装を検証する

Cloud Talent Solution にはセルフサービス ツールが用意されており、API のユーザーには実装検証ツールが提供されます。

セルフサービス ツールについて詳しくは、Cloud Talent Solution の管理ツールをご覧ください。

次のステップ

クライアント イベントデータを使用して事前学習モデルを改善する