コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
クイックスタート: Talent Solution で会社と求人を作成する

Talent Solution で会社と求人を作成する

このチュートリアルは、Cloud Talent Solution を使用するアプリケーションの探索と開発を開始できるように作られています。基本的なプログラミングの知識があることが前提ですが、プログラミングの深い知識がなくてもチュートリアルに沿って学習できます。このチュートリアルを修了すると、Cloud Talent Solution リファレンス ドキュメントを使用して独自の基本的なアプリケーションを作成できます。

このチュートリアルでは、Java コードを使用する Cloud Talent Solution アプリケーションの作成方法について順を追って解説します。この解説の目的は、Java クライアント ライブラリについての説明ではなく、Cloud Talent Solution の呼び出し方法を説明することです。Python や Node.js のアプリケーションも基本的にはこれと同様です。不明な点がありましたらお問い合わせください

始める前に

以下が必要です。

会社と求人を作成し、その求人を検索する

このチュートリアルでは、基本的な Cloud Talent Solution アプリケーションについて順を追って説明し、会社に関連付ける求人を 1 つ作成する手順を紹介します。次のチュートリアルでは、求人と検索クエリの属性に基づいて会社内の求人を検索する手順を説明します。search API では、求人内に用意されている項目(会社名、職種、求人の説明、求人のカテゴリ、勤務地など)に基づいて求職者のクエリに最も関連性の高い求人が返されます。

認証情報でサービスを作成する

始める前にでダウンロードした JSON 認証情報ファイルを使用してサービスを作成します。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


private static final JsonFactory JSON_FACTORY = new JacksonFactory();
private static final NetHttpTransport NET_HTTP_TRANSPORT = new NetHttpTransport();
private static final String DEFAULT_PROJECT_ID =
    "projects/" + System.getenv("GOOGLE_CLOUD_PROJECT");

private static CloudTalentSolution talentSolutionClient =
    createTalentSolutionClient(generateCredential());

private static CloudTalentSolution createTalentSolutionClient(GoogleCredentials credential) {
  String url = "https://jobs.googleapis.com";

  HttpRequestInitializer requestInitializer =
      request -> {
        new HttpCredentialsAdapter(credential).initialize(request);
        request.setConnectTimeout(60000); // 1 minute connect timeout
        request.setReadTimeout(60000); // 1 minute read timeout
      };

  return new CloudTalentSolution.Builder(NET_HTTP_TRANSPORT, JSON_FACTORY, requestInitializer)
      .setApplicationName("JobServiceClientSamples")
      .setRootUrl(url)
      .build();
}

private static GoogleCredentials generateCredential() {
  try {
    // Credentials could be downloaded after creating service account
    // set the `GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS` environment variable, for example:
    // export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=/path/to/your/key.json
    return GoogleCredentials.getApplicationDefault()
        .createScoped(Collections.singleton(CloudTalentSolutionScopes.JOBS));
  } catch (Exception e) {
    System.out.println("Error in generating credential");
    throw new RuntimeException(e);
  }
}

public static CloudTalentSolution getTalentSolutionClient() {
  return talentSolutionClient;
}

public static void main(String... args) throws Exception {
  try {
    ListCompaniesResponse listCompaniesResponse =
        talentSolutionClient.projects().companies().list(DEFAULT_PROJECT_ID).execute();
    System.out.println("Request Id is " + listCompaniesResponse.getMetadata().getRequestId());
    if (listCompaniesResponse.getCompanies() != null) {
      for (Company company : listCompaniesResponse.getCompanies()) {
        System.out.println(company.getName());
      }
    }
  } catch (IOException e) {
    System.out.println("Got exception while listing companies");
    throw e;
  }
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

import os

from googleapiclient.discovery import build
from googleapiclient.errors import Error

client_service = build('jobs', 'v3')

def run_sample():
    try:
        project_id = 'projects/' + os.environ['GOOGLE_CLOUD_PROJECT']
        response = client_service.projects().companies().list(
            parent=project_id).execute()
        print('Request Id: %s' %
              response.get('metadata').get('requestId'))
        print('Companies:')
        if response.get('companies') is not None:
            for company in response.get('companies'):
                print('%s' % company.get('name'))
        print('')

    except Error as e:
        print('Got exception while listing companies')
        raise e

if __name__ == '__main__':
    run_sample()

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// Command quickstart is an example of using the Google Cloud Talent Solution API.
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"
	"os"

	"golang.org/x/oauth2/google"
	talent "google.golang.org/api/jobs/v3"
)

func main() {
	projectID := os.Getenv("GOOGLE_CLOUD_PROJECT")
	parent := fmt.Sprintf("projects/%s", projectID)

	// Authorize the client using Application Default Credentials.
	// See https://g.co/dv/identity/protocols/application-default-credentials
	ctx := context.Background()
	client, err := google.DefaultClient(ctx, talent.CloudPlatformScope)
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	// Create the jobs service client.
	ctsService, err := talent.New(client)
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	// Make the RPC call.
	response, err := ctsService.Projects.Companies.List(parent).Do()
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to list Companies: %v", err)
	}

	// Print the request id.
	fmt.Printf("Request ID: %q\n", response.Metadata.RequestId)

	// Print the returned companies.
	for _, company := range response.Companies {
		fmt.Printf("Company: %q\n", company.Name)
	}
}

このコードを実行すると、アプリケーションの認証情報を使用してクライアント サービスが構成されます。API 呼び出しが行われると OAuth 2.0 リクエストが送信されます。上記のプロセスを使用して生成された認証トークンは、通常 1 時間で期限切れになります。期限切れ後にそのトークンを使用しようとするとエラーが返されます。 トークンは GoogleCredential ライブラリによって自動的に「更新」(単純な言い方では、新しいアクセス トークンが取得)されます。

会社を作成する

会社とは、求人情報に関連付けられているエンティティのことです。会社の求人情報を Cloud Talent Solution で投稿するには、まず会社を作成する必要があります。 会社を作成するときは、自由形式の文字列を externalId として送信できます。つまり、会社を作成し、参照する場合は、既存のデータベース(ある場合)の主キーを使用できます。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


/** Create a company. */
public static Company createCompany(Company companyToBeCreated) throws IOException {
  try {
    CreateCompanyRequest createCompanyRequest =
        new CreateCompanyRequest().setCompany(companyToBeCreated);
    Company companyCreated =
        talentSolutionClient
            .projects()
            .companies()
            .create(DEFAULT_PROJECT_ID, createCompanyRequest)
            .execute();
    System.out.println("Company created: " + companyCreated);
    return companyCreated;
  } catch (IOException e) {
    System.out.println("Got exception while creating company");
    throw e;
  }
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

def create_company(client_service, company_to_be_created):
    try:
        request = {'company': company_to_be_created}
        company_created = client_service.projects().companies().create(
            parent=parent, body=request).execute()
        print('Company created: %s' % company_created)
        return company_created
    except Error as e:
        print('Got exception while creating company')
        raise e

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// createCompany creates a company as given.
func createCompany(w io.Writer, projectID string, companyToCreate *talent.Company) (*talent.Company, error) {
	ctx := context.Background()

	client, err := google.DefaultClient(ctx, talent.CloudPlatformScope)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("google.DefaultClient: %v", err)
	}
	// Create the jobs service client.
	service, err := talent.New(client)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("talent.New: %v", err)
	}

	parent := "projects/" + projectID
	req := &talent.CreateCompanyRequest{
		Company: companyToCreate,
	}
	company, err := service.Projects.Companies.Create(parent, req).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("failed to create company %q: %v", companyToCreate.DisplayName, err)
	}

	return company, nil
}

会社を取得する

会社の現在の状態を読み出すには、GET リクエストを送信します。バックエンドによって割り当てられた会社の name も指定します。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


/** Get a company. */
public static Company getCompany(String companyName) throws IOException {
  try {
    Company companyExisted =
        talentSolutionClient.projects().companies().get(companyName).execute();
    System.out.println("Company existed: " + companyExisted);
    return companyExisted;
  } catch (IOException e) {
    System.out.println("Got exception while getting company");
    throw e;
  }
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

def get_company(client_service, company_name):
    try:
        company_existed = client_service.projects().companies().get(
            name=company_name).execute()
        print('Company existed: %s' % company_existed)
        return company_existed
    except Error as e:
        print('Got exception while getting company')
        raise e

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// getCompany gets an existing company by name.
func getCompany(w io.Writer, name string) (*talent.Company, error) {
	ctx := context.Background()

	client, err := google.DefaultClient(ctx, talent.CloudPlatformScope)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("google.DefaultClient: %v", err)
	}
	// Create the jobs service client.
	service, err := talent.New(client)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("talent.New: %v", err)
	}

	company, err := service.Projects.Companies.Get(name).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("failed to get company %q: %v", name, err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Company: %q\n", company.Name)

	return company, nil
}

ジョブを作成

新しい求人を投稿するには、求人に関するすべての必須フィールドと、この 求人を関連付ける会社の companyName を指定する必要があります。

求人データが入力されたデータ オブジェクトは、POST リクエストを使用して Cloud Talent Solution エンドポイントに送信されます。name フィールドは最初のリクエストでは設定しないでください。これは createJob API の「出力のみ」項目であり、サーバーによって新しい求人エンティティが作成されるときに API レスポンスに含まれるためです。求人リソースに使用する API エンドポイントは、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリ ドキュメントに示されています。

リクエストに対するレスポンスは、新しい求人の投稿のオブジェクトです。ここに、この投稿を一意に表す求人の name を含めます。求人の name は、投稿の更新や削除が必要になったときに使用します。この name を保存して、お客様所有の一意の ID にマッピングすることをおすすめします。

同じ会社に対する同じ companyNamerequisitionIdlanguageCode を持つ別の求人がシステムにすでに存在しているときに別の求人を挿入しようとすると、サーバーからエラーが返されます。

次のコードでは、companyName フィールドに指定された会社について必須フィールドのみを含む求人を作成します。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


/** Create a job. */
public static Job createJob(Job jobToBeCreated) throws IOException {
  try {
    CreateJobRequest createJobRequest = new CreateJobRequest().setJob(jobToBeCreated);

    Job jobCreated =
        talentSolutionClient
            .projects()
            .jobs()
            .create(DEFAULT_PROJECT_ID, createJobRequest)
            .execute();
    System.out.println("Job created: " + jobCreated);
    return jobCreated;
  } catch (IOException e) {
    System.out.println("Got exception while creating job");
    throw e;
  }
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

def create_job(client_service, job_to_be_created):
    try:
        request = {'job': job_to_be_created}
        job_created = client_service.projects().jobs().create(
            parent=parent, body=request).execute()
        print('Job created: %s' % job_created)
        return job_created
    except Error as e:
        print('Got exception while creating job')
        raise e

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// createJob create a job as given.
func createJob(w io.Writer, projectID string, jobToCreate *talent.Job) (*talent.Job, error) {
	ctx := context.Background()

	client, err := google.DefaultClient(ctx, talent.CloudPlatformScope)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("google.DefaultClient: %v", err)
	}
	// Create the jobs service client.
	service, err := talent.New(client)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("talent.New: %v", err)
	}

	parent := "projects/" + projectID
	req := &talent.CreateJobRequest{
		Job: jobToCreate,
	}
	job, err := service.Projects.Jobs.Create(parent, req).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Failed to create job %q, Err: %v", jobToCreate.RequisitionId, err)
	}
	return job, err
}

Cloud Talent Solution では、特定の場所に特化した求人も作成できます。詳細については、locations をご覧ください。

Cloud Talent Solution では、API スキーマに組み込まれた求人に項目がいくつか関連付けられています。ただし、すぐに使用できるように用意された項目に含まれない項目もあります。Cloud Talent Solution のすべてのお客様には、すぐに使用できるように用意された項目を可能な限り使用することをおすすめしていますが、Cloud Talent Solution には求人の customAttributes もあります。この属性にはフィルタ可能なものと、そうでないものがあります。詳細については、customAttributes をご覧ください。

次のコード例は、customAttribute を使用して求人を作成する方法を示しています。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


/** Generate a job with a custom attribute. */
@SuppressWarnings("checkstyle:AbbreviationAsWordInName")
public static Job generateJobWithACustomAttribute(String companyName) {
  // requisition id should be a unique Id in your system.
  String requisitionId = "jobWithACustomAttribute:" + String.valueOf(new Random().nextLong());
  ApplicationInfo applicationInfo =
      new ApplicationInfo().setUris(Arrays.asList("http://careers.google.com"));

  // Constructs custom attributes map
  Map<String, CustomAttribute> customAttributes = new HashMap<>();
  customAttributes.put(
      "someFieldName1",
      new CustomAttribute().setStringValues(Arrays.asList("value1")).setFilterable(Boolean.TRUE));
  customAttributes.put(
      "someFieldName2",
      new CustomAttribute().setLongValues(Arrays.asList(256L)).setFilterable(true));

  // Creates job with custom attributes
  Job job =
      new Job()
          .setCompanyName(companyName)
          .setRequisitionId(requisitionId)
          .setTitle("Software Engineer")
          .setApplicationInfo(applicationInfo)
          .setDescription("Design, develop, test, deploy, maintain and improve software.")
          .setCustomAttributes(customAttributes);
  System.out.println("Job generated: " + job);
  return job;
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

def generate_job_with_custom_attributes(company_name):
    # Requisition id should be a unique Id in your system.
    requisition_id = 'job_with_custom_attributes:' + ''.join(
        random.choice(string.ascii_uppercase + string.digits)
        for _ in range(16))

    job_title = 'Software Engineer'
    application_urls = ['http://careers.google.com']
    description = ('Design, develop, test, deploy, maintain and improve '
                   'software.')

    custom_attributes = {
        'someFieldName1': {
            'string_values': ['value1'],
            'filterable': True
        },
        'someFieldName2': {
            'long_values': [256],
            'filterable': True
        }
    }

    job = {
        'company_name': company_name,
        'requisition_id': requisition_id,
        'title': job_title,
        'application_info': {'uris': application_urls},
        'description': description,
        'custom_attributes': custom_attributes
    }
    print('Job generated: %s' % job)
    return job

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// constructJobWithCustomAttributes constructs a job with custom attributes.
func constructJobWithCustomAttributes(companyName string, jobTitle string) *talent.Job {
	// requisitionID shoud be the unique ID in your system
	requisitionID := fmt.Sprintf("job-with-custom-attribute-%d", time.Now().UnixNano())

	job := &talent.Job{
		RequisitionId: requisitionID,
		Title:         jobTitle,
		CompanyName:   companyName,
		ApplicationInfo: &talent.ApplicationInfo{
			Uris: []string{"https://googlesample.com/career"},
		},
		Description: "Design, devolop, test, deploy, maintain and improve software.",
		CustomAttributes: map[string]talent.CustomAttribute{
			"someFieldString": {
				Filterable:   true,
				StringValues: []string{"someStrVal"},
			},
			"someFieldLong": {
				Filterable: true,
				LongValues: []int64{900},
			},
		},
	}
	return job
}

求人を取得する

GET オペレーションを使用して求人の詳細を取得することにより、求人が作成されたことを確認できます。求人を取得できるようになるのに 2~3 分かかる場合があります。この時間は、Cloud Talent Solution で作成中の求人数によって異なります。

挿入済みの求人の詳細を取得するには、GET リクエストを Cloud Talent Solution に送信します。URI の中に、挿入済みの求人の name を URL パラメータとして指定します。これは元の作成リクエストによって返された値です。

次の例では、GET 操作を使用して、指定された name の求人の詳細を取得します。

Java

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


/** Get a job. */
public static Job getJob(String jobName) throws IOException {
  try {
    Job jobExisted = talentSolutionClient.projects().jobs().get(jobName).execute();
    System.out.println("Job existed: " + jobExisted);
    return jobExisted;
  } catch (IOException e) {
    System.out.println("Got exception while getting job");
    throw e;
  }
}

Python

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。

def get_job(client_service, job_name):
    try:
        job_existed = client_service.projects().jobs().get(
            name=job_name).execute()
        print('Job existed: %s' % job_existed)
        return job_existed
    except Error as e:
        print('Got exception while getting job')
        raise e

Go

Cloud Talent Solution クライアントのインストールと作成の詳細については、Cloud Talent Solution クライアント ライブラリをご覧ください。


// getJob gets a job by name.
func getJob(w io.Writer, jobName string) (*talent.Job, error) {
	ctx := context.Background()

	client, err := google.DefaultClient(ctx, talent.CloudPlatformScope)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("google.DefaultClient: %v", err)
	}
	// Create the jobs service client.
	service, err := talent.New(client)
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("talent.New: %v", err)
	}

	job, err := service.Projects.Jobs.Get(jobName).Do()
	if err != nil {
		return nil, fmt.Errorf("Failed to get job %s: %v", jobName, err)
	}

	fmt.Fprintf(w, "Job: %q", job.Name)

	return job, err
}

求人を検索する

Cloud Talent Solution を使用して最初の会社と求人を作成しました。これで、作成した求人に対する検索を行う準備ができました。

次のステップ

  • 会社の詳細を確認する。
  • 求人の詳細を確認する。