バケットのライフサイクル ポリシーを取得する

Cloud Storage バケットのライフサイクル構成を表示します。

このコードサンプルが含まれるドキュメント ページ

コンテキストで使用されているコードサンプルを見るには、次のドキュメントをご覧ください。

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
using ::google::cloud::StatusOr;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name) {
  StatusOr<gcs::BucketMetadata> updated_metadata =
      client.GetBucketMetadata(bucket_name);

  if (!updated_metadata) {
    throw std::runtime_error(updated_metadata.status().message());
  }

  if (!updated_metadata->has_lifecycle() ||
      updated_metadata->lifecycle().rule.empty()) {
    std::cout << "Bucket lifecycle management is not enabled for bucket "
              << updated_metadata->name() << ".\n";
    return;
  }
  std::cout << "Bucket lifecycle management is enabled for bucket "
            << updated_metadata->name() << ".\n";
  std::cout << "The bucket lifecycle rules are";
  for (auto const& kv : updated_metadata->lifecycle().rule) {
    std::cout << "\n " << kv.condition() << ", " << kv.action();
  }
  std::cout << "\n";
}

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。