バケットを削除する

Cloud Storage バケットの削除方法を説明します。

もっと見る

このコードサンプルを含む詳細なドキュメントについては、以下をご覧ください。

コードサンプル

C++

詳細については、Cloud Storage C++ API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

namespace gcs = ::google::cloud::storage;
[](gcs::Client client, std::string const& bucket_name) {
  google::cloud::Status status = client.DeleteBucket(bucket_name);
  if (!status.ok()) throw std::runtime_error(status.message());

  std::cout << "The bucket " << bucket_name << " was deleted successfully.\n";
}

C#

詳細については、Cloud Storage C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。


using Google.Cloud.Storage.V1;
using System;

public class DeleteBucketSample
{
    public void DeleteBucket(string bucketName = "your-unique-bucket-name")
    {
        var storage = StorageClient.Create();
        storage.DeleteBucket(bucketName);
        Console.WriteLine($"The bucket {bucketName} was deleted.");
    }
}

Go

詳細については、Cloud Storage Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"
	"io"
	"time"

	"cloud.google.com/go/storage"
)

// deleteBucket deletes the bucket.
func deleteBucket(w io.Writer, bucketName string) error {
	// bucketName := "bucket-name"
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("storage.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	ctx, cancel := context.WithTimeout(ctx, time.Second*30)
	defer cancel()

	bucket := client.Bucket(bucketName)
	if err := bucket.Delete(ctx); err != nil {
		return fmt.Errorf("Bucket(%q).Delete: %w", bucketName, err)
	}
	fmt.Fprintf(w, "Bucket %v deleted\n", bucketName)
	return nil
}

Java

詳細については、Cloud Storage Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

import com.google.cloud.storage.Bucket;
import com.google.cloud.storage.Storage;
import com.google.cloud.storage.StorageOptions;

public class DeleteBucket {
  public static void deleteBucket(String projectId, String bucketName) {
    // The ID of your GCP project
    // String projectId = "your-project-id";

    // The ID of the bucket to delete
    // String bucketName = "your-unique-bucket-name";

    Storage storage = StorageOptions.newBuilder().setProjectId(projectId).build().getService();
    Bucket bucket = storage.get(bucketName);
    bucket.delete();

    System.out.println("Bucket " + bucket.getName() + " was deleted");
  }
}

Node.js

詳細については、Cloud Storage Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

/**
 * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
 */
// The ID of your GCS bucket
// const bucketName = 'your-unique-bucket-name';

// Imports the Google Cloud client library
const {Storage} = require('@google-cloud/storage');

// Creates a client
const storage = new Storage();

async function deleteBucket() {
  await storage.bucket(bucketName).delete();
  console.log(`Bucket ${bucketName} deleted`);
}

deleteBucket().catch(console.error);

PHP

詳細については、Cloud Storage PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

use Google\Cloud\Storage\StorageClient;

/**
 * Delete a Cloud Storage Bucket.
 *
 * @param string $bucketName The name of your Cloud Storage bucket.
 *        (e.g. 'my-bucket')
 */
function delete_bucket(string $bucketName): void
{
    $storage = new StorageClient();
    $bucket = $storage->bucket($bucketName);
    $bucket->delete();
    printf('Bucket deleted: %s' . PHP_EOL, $bucket->name());
}

Python

詳細については、Cloud Storage Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

from google.cloud import storage

def delete_bucket(bucket_name):
    """Deletes a bucket. The bucket must be empty."""
    # bucket_name = "your-bucket-name"

    storage_client = storage.Client()

    bucket = storage_client.get_bucket(bucket_name)
    bucket.delete()

    print(f"Bucket {bucket.name} deleted")

Ruby

詳細については、Cloud Storage Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

Cloud Storage に対する認証を行うには、アプリケーションのデフォルト認証情報を設定します。詳細については、ローカル開発環境の認証を設定するをご覧ください。

def delete_bucket bucket_name:
  # The ID of your GCS bucket
  # bucket_name = "your-unique-bucket-name"

  require "google/cloud/storage"

  storage = Google::Cloud::Storage.new
  bucket  = storage.bucket bucket_name, skip_lookup: true

  bucket.delete

  puts "Deleted bucket: #{bucket.name}"
end

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。