Cloud SDK を使用する

このページでは、Cloud SQL インスタンスを管理するために Cloud SDK の使用を開始する方法を説明します。Cloud SDK には gcloud コマンドライン ツールが用意されています。このツールを使って、Cloud SQL サービスをはじめさまざまな Google Cloud Platform サービスを操作できます。gcloud ツールは API を使用して Cloud SQL にアクセスするため、gcloud ツールを使用して Cloud SQL にアクセスするには、その前に API を有効にする必要があります。

gcloud の使用例については、該当するタスクの入門ページをご覧ください。

gcloud コマンドライン ツールを使用する

gcloud ツールを使用する前に、Cloud SDK ドキュメントをご確認ください。--help フラグを使用すると、ツール、リソース、およびコマンドのヘルプを表示できます。

gcloud sql --help
gcloud sql instances --help
gcloud sql instances create --help

--help フラグで表示されるヘルプは、gcloud sql の Cloud SDK リファレンスでも参照できます。

いずれかのプロジェクトをデフォルトのプロジェクトとして構成する場合は、下記の 2 つのコマンドを使用します。次に示す最初のコマンドは、すでに設定されているデフォルトのプロジェクトなど、gcloud ツールに関する設定をリストします。2 番目のコマンドはデフォルトのプロジェクトを設定します。

gcloud config list
gcloud config set project [PROJECT_ID]
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...