パッケージ google.iam.v1

インデックス

AuditConfig

サービスの監査構成を指定します。この構成により、ログに記録される権限タイプとロギングから除外される ID が決まります。AuditConfig には 1 つ以上の AuditLogConfig が必要です。

allServices と特定のサービスの両方に AuditConfig がある場合、このサービスには 2 つの AuditConfig のユニオンが使用されます。各 AuditConfig で指定された log_types が有効になり、各 AuditLogConfig の exempted_members が除外されます。

複数の AuditConfig を使用したポリシーの例:

{
  "audit_configs": [
    {
      "service": "allServices"
      "audit_log_configs": [
        {
          "log_type": "DATA_READ",
          "exempted_members": [
            "user:foo@gmail.com"
          ]
        },
        {
          "log_type": "DATA_WRITE",
        },
        {
          "log_type": "ADMIN_READ",
        }
      ]
    },
    {
      "service": "fooservice.googleapis.com"
      "audit_log_configs": [
        {
          "log_type": "DATA_READ",
        },
        {
          "log_type": "DATA_WRITE",
          "exempted_members": [
            "user:bar@gmail.com"
          ]
        }
      ]
    }
  ]
}

fooservice の場合、このポリシーを使用すると、DATA_READ、DATA_WRITE、ADMIN_READ のロギングが有効になります。また、DATA_READ ロギングから foo@gmail.com が除外され、DATA_WRITE ロギングから bar@gmail.com が除外されます。

項目
service

string

監査ロギングの対象となるサービスを指定します。たとえば、storage.googleapis.comcloudsql.googleapis.comallServices は、すべてのサービスを網羅する特別な値です。

audit_log_configs[]

AuditLogConfig

権限のタイプごとのロギングの構成。

AuditLogConfig

特定の権限タイプをロギングする場合の構成を指定します。次に例を示します。

{
  "audit_log_configs": [
    {
      "log_type": "DATA_READ",
      "exempted_members": [
        "user:foo@gmail.com"
      ]
    },
    {
      "log_type": "DATA_WRITE",
    }
  ]
}

DATA_READ と DATA_WRITE のロギングが有効になり、foo@gmail.com は DATA_READ のロギングから除外されます。

項目
log_type

LogType

この構成で有効にするログタイプ。

exempted_members[]

string

この権限タイプのロギングが発生しない ID を指定します。Binding.members と同じ形式にします。

LogType

ロギングを有効にする権限タイプの一覧です。管理者の書き込みは常にロギングされますが、設定はできません。

列挙型
LOG_TYPE_UNSPECIFIED デフォルト。これを使用することはありません。
ADMIN_READ 管理者読み取り。例: CloudIAM getIamPolicy
DATA_WRITE データ書き込み。例: CloudSQL Users create
DATA_READ データ読み取り。例: CloudSQL Users list

Binding

membersrole に関連付けます。

フィールド
role

string

members に割り当てられている役割。たとえば、roles/viewerroles/editorroles/owner です(必須)。

members[]

string

Cloud Platform リソースへのアクセスをリクエストする ID を指定します。members は次の値を取ることができます。

  • allUsers: Google アカウントの有無を問わず、インターネット上のすべてのユーザーを表す特別な識別子。

  • allAuthenticatedUsers: Google アカウントまたはサービス アカウントで認証されるすべてのユーザーを表す特別な識別子。

  • user:{emailid}: 特定の Google アカウントを表すメールアドレス。たとえば、alice@gmail.com です。

  • serviceAccount:{emailid}: サービス アカウントを表すメールアドレス。例: my-other-app@appspot.gserviceaccount.com

  • group:{emailid}: Google グループを表すメールアドレス。例: admins@example.com

  • domain:{domain}: Google Apps ドメイン名。そのドメインのすべてのユーザーを表します。例: google.com または example.com

GetIamPolicyRequest

GetIamPolicy メソッドに対するリクエスト メッセージ。

項目
resource

string

必須: ポリシーがリクエストされているリソース。このフィールドに適切な値については、オペレーション ドキュメントをご覧ください。

Policy

Identity and Access Management(IAM)ポリシーを定義します。アクセス制御ポリシーを Cloud Platform リソースに指定するのに用いられます。

Policybindings のリストです。bindingmembers のリストを role に結合し、メンバーはユーザー アカウント、Google グループ、Google ドメイン、およびサービス アカウントになることができるようになります。role は IAM で定義された権限の名前付きリストです。

JSON の例

{
  "bindings": [
    {
      "role": "roles/owner",
      "members": [
        "user:mike@example.com",
        "group:admins@example.com",
        "domain:google.com",
        "serviceAccount:my-other-app@appspot.gserviceaccount.com"
      ]
    },
    {
      "role": "roles/viewer",
      "members": ["user:sean@example.com"]
    }
  ]
}

YAML の例

bindings:
- members:
  - user:mike@example.com
  - group:admins@example.com
  - domain:google.com
  - serviceAccount:my-other-app@appspot.gserviceaccount.com
  role: roles/owner
- members:
  - user:sean@example.com
  role: roles/viewer

IAM とその機能については、IAM デベロッパー ガイドをご覧ください。

項目
version
(deprecated)

int32

非推奨

bindings[]

Binding

members のリストを role に関連付けます。bindings にメンバーが存在しないとエラーになります。

audit_configs[]

AuditConfig

このポリシーに対する Cloud Audit Logging の監査ログを指定します。

etag

bytes

etag は、オプティミスティック同時実行制御でポリシーの同時更新による相互上書きを防ぐために使用されます。競合状態の発生を回避するため、システムのポリシー更新の読み込み・変更・書き込みサイクルで etag を活用することを強くおすすめします。etaggetIamPolicy へのレスポンスで返されます。その etag を setIamPolicy に対するリクエストに設定すれば、対応する変更が同じバージョンのポリシーに確実に適用されるようになります。

etagsetIamPolicy への呼び出しに含まれていない場合、既存のポリシーがそのまま上書きされます。

SetIamPolicyRequest

SetIamPolicy メソッドに対するリクエスト メッセージ。

項目
resource

string

必須: ポリシーが指定されているリソースが存在すること。このフィールドに適切な値については、オペレーション ドキュメントをご覧ください。

policy

Policy

必須: resource に適用する完全なポリシー。ポリシーのサイズは 10 KB 強に制限されています。空のポリシーは有効なポリシーですが、特定の Cloud Platform サービス(Projects など)では、これらが拒否される場合があります。

update_mask

FieldMask

省略可能: 変更するポリシー フィールドを指定する FieldMask。マスク内のフィールドのみが変更されます。マスクが指定されていない場合、次のデフォルト マスクが使用されます。パス: bindings, etag。このフィールドは、Cloud IAM のみが使用します。

TestIamPermissionsRequest

TestIamPermissions メソッドに対するリクエスト メッセージ。

項目
resource

string

必須: ポリシーの詳細がリクエストされているリソース。このフィールドに適切な値については、オペレーション ドキュメントをご覧ください。

permissions[]

string

resource に対して確認する権限のセット。ワイルドカード付きの権限(「*」や「storage.*」など)は使用できません。詳細については、IAM の概要を参照してください。

TestIamPermissionsResponse

TestIamPermissions メソッドに対するレスポンス メッセージ。

フィールド
permissions[]

string

呼び出し元が許可されている TestPermissionsRequest.permissions のサブセット。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Source Repositories