ウェブ プロキシに対する認証を行う

このドキュメントでは、Secure Web Proxy をプログラムで認証する方法について説明します。

Google Cloud の認証の詳細については、認証の概要をご覧ください。

API アクセス

Secure Web Proxy はプログラムによるアクセスをサポートしています。Secure Web Proxy への認証方法は、API へのアクセス方法によって異なります。次の方法で API にアクセスできます。

REST

Secure Web Proxy API への認証には、gcloud CLI 認証情報またはアプリケーションのデフォルト認証情報を使用します。 REST リクエストの認証の詳細については、REST を使用して認証するをご覧ください。認証情報の種類については、gcloud CLI の認証情報と ADC の認証情報をご覧ください。

Secure Web Proxy の認証を設定する

認証の設定方法は、コードが実行されている環境によって異なります。

認証の設定には、次のオプションが最も一般的に使用されます。認証のその他のオプションと詳細については、Google での認証をご覧ください。

ローカル開発環境の場合

ローカル開発環境の認証情報は、次の方法で設定できます。

クライアント ライブラリまたはサードパーティ ツール

ローカル環境でアプリケーションのデフォルト認証情報(ADC)を設定します。

  1. Google Cloud CLI をインストールし、次のコマンドを実行して初期化します。

    gcloud init
  2. Google アカウントのローカル認証情報を作成します。

    gcloud auth application-default login

    ログイン画面が表示されます。ログインすると、ADC で使用されるローカル認証情報ファイルに認証情報が保存されます。

ローカル環境での ADC 操作の詳細については、ローカル開発環境をご覧ください。

コマンドラインからの REST リクエスト

コマンドラインから REST リクエストを行う場合は、リクエストを送信するコマンドの一部として gcloud auth print-access-token を含めることで、gcloud CLI 認証情報を使用できます。

次の例では、指定したプロジェクトのサービス アカウントを一覧表示します。どの REST リクエストに対しても、同じパターンを使用できます。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Google Cloud プロジェクト ID。

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを展開します。

 

REST と gRPC を使用した認証の詳細については、REST の使用に対する認証をご覧ください。ローカル ADC 認証情報と gcloud CLI 認証情報の違いについては、gcloud CLI 認証情報と ADC 認証情報をご覧ください。

Google Cloud

Google Cloud で実行されているワークロードを認証するには、コードが実行されているコンピューティング リソースに関連付けられているサービス アカウントの認証情報を使用します。たとえば、サービス アカウントを Compute Engine 仮想マシン(VM)インスタンスCloud Run サービスDataflow ジョブに関連付けることができます。このアプローチは、Google Cloud コンピューティング リソースで実行されているコードの推奨認証方法です。

ほとんどのサービスでは、コードを実行するリソースの作成時にサービス アカウントを関連付ける必要があります。サービス アカウントを後から追加または置換することはできません。Compute Engine は例外です。そのため、サービス アカウントをいつでも VM インスタンスに関連付けることができます。

gcloud CLI を使用してサービス アカウントを作成し、リソースに関連付けます。

  1. Google Cloud CLI をインストールし、次のコマンドを実行して初期化します。

    gcloud init
  2. 認証を設定します。

    1. サービス アカウントを作成します。

      gcloud iam service-accounts create SERVICE_ACCOUNT_NAME

      SERVICE_ACCOUNT_NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    2. プロジェクトとリソースへのアクセス権を付与するには、サービス アカウントにロールを付与します。

      gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role=ROLE

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • ROLE: 付与するロール
    3. サービス アカウントに別のロールを付与するには、前の手順で行ったようにコマンドを実行します。
    4. サービス アカウントのロールを使用して、そのサービス アカウントを他のリソースに関連付けることができるロールを Google アカウントに付与します。

      gcloud iam service-accounts add-iam-policy-binding SERVICE_ACCOUNT_NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com --member="user:USER_EMAIL" --role=roles/iam.serviceAccountUser

      次のように置き換えます。

      • SERVICE_ACCOUNT_NAME: サービス アカウントの名前
      • PROJECT_ID: サービス アカウントを作成したプロジェクト ID
      • USER_EMAIL: Google アカウントのメールアドレス
  3. コードを実行するリソースを作成し、そのリソースにサービス アカウントを関連付けます。たとえば、Compute Engine を使用する場合は次のようになります。

    Compute Engine インスタンスを作成します。インスタンスを次のように構成します。
    • INSTANCE_NAME を必要なインスタンス名に置き換えます。
    • インスタンスを作成するゾーン--zone フラグを設定します。
    • --service-account フラグに、作成したサービス アカウントのメールアドレスを設定します。
    gcloud compute instances create INSTANCE_NAME --zone=ZONE --service-account=SERVICE_ACCOUNT_EMAIL

Google API に対する認証について詳しくは、Google での認証をご覧ください。

オンプレミスまたは別のクラウド プロバイダ

Google Cloud の外部から認証を設定する際の推奨方法は、Workload Identity 連携の使用です。詳細については、認証ドキュメントのオンプレミスまたは他のクラウド プロバイダをご覧ください。

Secure Web Proxy でのアクセス制御

Secure Web Proxy への認証後、Google Cloud リソースへのアクセスが承認される必要があります。Secure Web Proxy は、Identity and Access Management(IAM)を使用して承認を行います。

Secure Web Proxy のロールの詳細については、IAM を使用したアクセス制御をご覧ください。 IAM と認可の詳細については、IAM の概要をご覧ください。

次のステップ