クライアント ライブラリのインストール

Resource Manager API は HTTP と JSON を基に構築されているため、標準の HTTP クライアントであれば、この API にリクエストを送信してレスポンスを解析できます。

しかし、Google API クライアント ライブラリを利用すれば、言語が高度に統合され、セキュリティも強化されます。また、ユーザーの承認が必要な呼び出しもサポートされます。クライアント ライブラリは多くのプログラミング言語で利用できます。これを使用することにより、HTTP リクエストの設定やレスポンスの解析を手作業で行う必要がなくなります。

開始するには、開発に使用しているプログラミング言語を選択します。

Go

最新の Go 用 Resource Manager API クライアント ライブラリ(アルファ版)を入手します。

クライアント ライブラリのデベロッパー ガイドをご覧ください。

Java

このページには、Java 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Cloud Resource Manager API の使用を開始するための情報が記載されています。必要に応じて、次のドキュメントもご覧ください。

プロジェクトへのライブラリの追加

以下のタブからビルド環境(Maven または Gradle)を選択するか、必要な jar ファイルすべてを含む zip ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロード

Java 用 Cloud Resource Manager API v1 クライアント ライブラリをダウンロードします

以下について詳しくは、cloudresourcemanager/readme.html ファイルをご覧ください。

  • zip ファイルの内容。
  • 各アプリケーション タイプ(ウェブ アプリケーション、インストール アプリケーション、Android アプリケーション)に必要な依存 Jar ファイル。

libs フォルダには、すべてのアプリケーション タイプで必要となる可能性のあるグローバルに適用可能な依存関係がすべて格納されています。

JavaScript

クライアント ライブラリのデベロッパー ガイドをご覧ください。

.NET

このページには、.NET 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Cloud Resource Manager API の使用を開始するための情報が記載されています。必要に応じて、次のドキュメントもご覧ください。

ライブラリのダウンロード

次のページから入手できる NuGet パッケージをインストールします:Google.Apis.cloudresourcemanager

Node.js

最新の Node.js 用 Resource Manager API クライアント ライブラリを入手します。

クライアント ライブラリのデベロッパー ガイドをご覧ください。

Obj-C

最新の Objective-C 用 Resource Manager API クライアント ライブラリを入手します。

クライアント ライブラリのデベロッパー ガイドをご覧ください。

PHP

最新の PHP 用 Resource Manager API クライアント ライブラリ(ベータ版)を入手します。

クライアント ライブラリのデベロッパー ガイドをご覧ください。

Python

このページには、Python 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Cloud Resource Manager API の使用を開始するための情報が記載されています。必要に応じて、次のドキュメントもご覧ください。

システム要件

クライアント ライブラリのインストール

パッケージ マネージャを使用するか、Python クライアント ライブラリを手動でダウンロードしてインストールできます。

マネージド インストール

pip または setuptools を使用してインストールを管理します(場合によっては、最初に sudo を実行する必要があります)。

  • pip(推奨):
    $ pip install --upgrade google-api-python-client
  • setuptools: setuptools パッケージに含まれる easy_install ツールを使用します。
    $ easy_install --upgrade google-api-python-client

手動インストール

最新の Python 用クライアント ライブラリをダウンロードし、コードを解凍して、python setup.py install を実行します。

App Engine

Python クライアント ライブラリは App Engine Python ランタイム環境にはインストールされていないため、サードパーティ ライブラリと同じようにアプリケーションに組み込む必要があります。

Ruby

このページには、Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを使用して Cloud Resource Manager API の使用を開始するための情報が記載されています。必要に応じて、次のドキュメントもご覧ください。

google-api-client gem のインストール

Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを初めてインストールする場合は、ターミナルを開き、RubyGems を使用してインストールします。

$ gem install google-api-client

google-api-client gem がすでにインストールされている場合は、最新のバージョンにアップデートするだけです。

$ gem update -y google-api-client

システムによっては、これらのコマンドの前に sudo を付ける必要があります。

Ruby 用 Google API クライアント ライブラリを使ってみる

Google 提供のスタートガイドを読み、最初のリクエストを行う方法を確認してください。

利用可能な Resource Manager API のバージョン

次の表に、利用可能な Resource Manager API のバージョンを示します。Resource Manager API メソッドは、以下に記載されている各バージョンに分かれています。各バージョンで利用可能なメソッドは、ブラウザから API Explorer を使用して試用できます。

バージョン アクセス方法 説明
v1 API Explorer v1 の Resource Manager API には、プロジェクトと組織の管理に関連するメソッドが含まれています。
v1beta1 API Explorer v1beta1 の Resource Manager API には、v1 API メソッドの実験的バージョンが含まれています。
v2 API Explorer v2 の Resource Manager API には、フォルダの管理に関連するメソッドが含まれています。
v2beta1 API Explorer v2beta1 の Resource Manager API には、v2 API メソッドの実験的バージョンが含まれています。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Resource Manager のドキュメント