プレミアム OS ライセンスの使用

Google Cloud Marketplace 経由で、Migrate for Compute Engine を使用して Linux VM のライセンスを購入済みのライセンスから、Google Cloud 請求書に含まれるプレミアム ライセンスに変換できます。この変換を行った場合、料金は使用しているリソースに基づいて計算されます。

Google Cloud は Red Hat Enterprise Linux(RHEL)や SuSE Linux Enterprise(SLES)などのプレミアム エンタープライズ Linux ディストリビューションに対応しています。

要件

  • ライセンスを変換する VM は、RHEL 6/7 や SLES 11/12 などの VM OS ライセンス サポートに記載されているいずれかの OS を使用する必要があります。
  • waves を使用して VM を移行する必要があります。

プレミアム ライセンス タイプの設定

ランブック CSV にライセンス文字列を入力して、移行 VM のプレミアム ライセンスを指定します。(ランブック フィールドの詳細については、ランブックのリファレンスをご覧ください。)

  1. ランブック CSV ファイルで、プレミアム ライセンスを適用する VM を示す行を見つけます。
  2. license:os フィールドで、VM OS ライセンスのサポートのリスト内から対応する URL を入力します。

    既存のライセンスを使用するには、このフィールドは空白のままにします。