以前のバージョンの Migrate for Compute Engine(旧称 Velostrata)のドキュメントをご覧ください。このバージョンを引き続き使用することも、現在のバージョンを使用することもできます。

Azure をソースとして構成する

このドキュメントでは、Azure VM を Google Cloud に移行する方法について説明します。

続行する前に、Azure から GCP への移行の前提条件を完了してください。

Cloud 認証情報を定義する

移行中に Azure API を使用するには、Migrate for Compute Engine の認証情報を指定する必要があります。

Cloud 認証情報を定義するには、次の手順に従います。

  1. Migrate for Compute Engine Manager に apiuser としてログインします。
  2. [Source Cloud] をクリックします。
  3. Migrate for Compute Engine Manager の作成時に作成した認証情報でログインします。
  4. [Cloud Credentials] タブで [Create] をクリックします。
  5. [新しい認証情報を作成] のダイアログで、認証情報を設定する値を入力します。
    • Cloud provider: Azure を選択します。
    • Credentials Name: この認証情報の構成の名前を入力します。
    • Subscription ID: Azure の登録 ID を入力します。
    • Tenant ID: Azure テナント ID を入力します。
    • Application(client)ID: Azure クライアント ID を入力します。
    • Client secret: Azure の秘密鍵を入力します。
  6. [OK] をクリックします。

Cloud Details を定義する

Cloud Details では、Migrate for Compute Engine が動作する Azure 環境の詳細を定義します。これには、Cloud 認証情報、ロケーション、サブネット、セキュリティ グループ情報が含まれます。

Azure の移行のための Cloud Details オブジェクトの作成

Google Cloud に移行する VM の Azure ソースを表す Cloud Details オブジェクトを作成します。

Azure 用の Cloud Details オブジェクトを作成するには、Migrate for Compute Engine Manager のホーム画面に移動します。

  1. [Source Cloud] アイコンをクリックします。
  2. [Cloud Details] タブで、[Create] をクリックします。
  3. [Create New Cloud Details] ダイアログで、認証情報を設定する値を入力します。
    • Cloud Provider: Azure を選択します。
    • Name: この Cloud Details オブジェクトの名前を入力します。
    • Credentials: 前の手順で作成した Azure 認証情報オブジェクトを選択します。
    • Resource Group: 選択した名前を入力します。指定した名前を使用して、Migrate for Compute Engine が Azure にリソース・グループを作成します。このグループは、必要なリソースを格納するために使用されます。
    • Location: Azure 環境のロケーションを選択します。
    • Subnet: Migrate for Compute Engine のインポートで使用されるサブネット。
    • Security Group: Migrate for Compute Engine Importer に割り当てるセキュリティ グループを選択します。
  4. [OK] をクリックします。

Cloud Details の作成には数分かかることがあります。Migrate for Compute Engine Manager でステータスを監視できます。

上記の手順が完了すると、VM を Azure から GCP に移行できます。

Azure Cloud Details を修復する

なんらかの理由で Azure ソース構成が破損した場合は、Migrate for Compute Engine Manager を使用して修復できます。

Azure Cloud Details の修復

  1. Migrate for Compute Engine Manager を開きます。
  2. [Source Cloud] をクリックします。
  3. *[Cloud Details] タブで、[Repair] をクリックします。

次のステップ

Cloud Extension のデプロイ