Memorystore for Memcached の指標

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Memorystore for Memcached で使用可能な指標と、各指標のトラッキング対象について説明します。これらの指標は、Google Cloud コンソールと Cloud Monitoring の両方で利用できます。

Cloud Monitoring を使用して指標を表示する方法については、Memcached インスタンスのモニタリングをご覧ください。

Memcached の指標

Cloud Monitoring の指標名 Google Cloud コンソールの指標名 完全なエンドポイント URL 説明
アクティブな接続 アクティブな接続 memcache.googleapis.com/node/active_connections Memcached ノードに対するアクティブなクライアント接続の数。
CPU 使用時間 CPU 使用時間 memcache.googleapis.com/node/cpu/usage_time Memcached プロセスによる、モード別(user/kernel など)にグループ化された CPU 使用時間。
エビクション数 エビクション数 memcache.googleapis.com/node/eviction_count Memcached ノードから強制排除されたアイテムの数。
ヒット率 ヒット率 memcache.googleapis.com/node/hit_ratio セット オペレーションを除く Memcached ノードのキャッシュミスに対するキャッシュ ヒットの割合。パーセントで通知されます。
アイテム アイテム memcache.googleapis.com/node/items Memcached ノードに格納されたアイテムの数。
メモリ使用量
  • メモリ使用量
  • 未使用メモリ
memcache.googleapis.com/node/cache_memory 以下で分類されたクラスタ内のすべてのノードのメモリ使用量。
  • 使用済みメモリ
  • 未使用メモリ
Memcached は、メモリをチャンククラスとスラボクラスでメモリに保存します。アイテムのサイズの分布によっては、一部のメモリがまったく使用されない場合があります。Memcached でのメモリ管理の仕組みを理解するには、オープンソースの Memcached ドキュメントをご覧ください。
オペレーション数
  • オペレーション数
  • Get オペレーション
  • Set オペレーション
  • Delete オペレーション
memcache.googleapis.com/node/operation_count Memcached ノードに送信されたオペレーションの数。レスポンス タイプ別に分類されます。
  • get オペレーション
  • set オペレーション
  • delete オペレーション
受信バイト数 受信バイト数 memcache.googleapis.com/node/received_bytes_count Memcached ノードがネットワークから受信するメモリのバイト数。これらはクライアント VM から来る Memcached リクエストです。
送信バイト数 送信バイト数 memcache.googleapis.com/node/sent_bytes_count Memcache ノードからネットワークに送信されるメモリのバイト数。Memcache レスポンスは次のとおりです。
システムのメモリ使用率 システムのメモリ使用率 memcache.googleapis.com/node/memory/utilization キャッシュとメモリのオーバーヘッドに含まれるアイテムによって、システムメモリの総量のうち何パーセントが使用されているかを表示します。詳細については、システムのメモリ使用率をご覧ください。
稼働率 稼働率 memcache.googleapis.com/node/uptime Memcached ノードの稼働時間(秒)。

既知の問題

  • operation_count 指標で、gat/gats コマンドが現在 Google Cloud コンソールや Cloud Monitoring に表示されない。OSS Memcached は、この時点で gat/gatsget カウンタを更新していない。
  • operation_count 指標で、touch コマンドが現在レポートされていない。
  • operation_count 指標で、cas オペレーションが set オペレーションでレポートされる。

次のステップ