Cloud KMS に関する制限事項

API の有効化

Cloud KMS を使用するには、Cloud KMS API を有効にする必要があります。これは、Google Cloud Platform Console で行うことができます。

API を有効にする

請求先アカウント

Cloud KMS を使用するには、請求先アカウントを有効にしたプロジェクトで使用する必要があります。

課金を有効にする

Cloud KMS の料金は使用量に基づいています。

サポート対象国

Cloud KMS は、Google Cloud Platform サービスがサポートされているすべての国で使用できます。

他の GCP サービスの制限

以下のトピックでは、Cloud KMS を他の GCP サービスと統合しているときの制限事項について説明します。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...