HL7v2 メッセージのスキーマ化された解析を有効にする

このページでは、HL7v2 ストアでのスキーマ化された解析を有効にして、HL7v2 標準に準拠した HL7v2 メッセージを解析する方法について説明します。スキーマ構成を設定せずにスキーマ化された解析を有効にすることは、デフォルトのスキーマを使用することを指します。スキーマ化された解析を有効にする主なユースケースは、HL7v2 メッセージの取り込み時または作成時にグループ化を維持することです。

スキーマ化されたデフォルトの解析は、HL7v2 標準に準拠したメッセージでのみ使用できます。HL7v2 標準から逸脱したメッセージを解析するには、カスタム スキーマを使用する必要があります。 デフォルトのパーサーは HL7v2 標準のバージョン 2.8.2 に基づいています。

HL7v2 メッセージのサンプル

このページのサンプルでは、次の HL7v2 メッセージを使用します。サンプル メッセージは、HL7v2 標準に準拠しています。

MSH|^~\&|My EHR|My Test Facility||My EHR Facility|20150926140551||ORU^R01^ORU_R01|My-LOI_5.0_1.1-NG|T|2.5.1|||AL|AL|||||\r
PID|1||PATID5421^^^My MPI^MR||Zhang^Sally^Brian^^^^L||19840611|F||2106-3^White^HL70005|123 Main Street^^Mountain Springs^CO^80439^^H||^PRN^PH^^^203^2290210|||||||||N^Not Hispanic or Latino^HL70189\r
ORC|RE|833582639|3266238193||CM||||2010-01-01T19:53:38.408547Z\r
OBR|1|833582639|3266238193|us-0005^Vital Signs^WinPath^^||2010-01-01T19:53:38.408547Z|2010-01-01T19:53:38.408547Z|||||||2010-01-01T19:53:38.408547Z||||||||2010-01-01T19:53:38.408547Z|||F||1\r
OBX|1|NM|tt-0005-07^MDC_PULS_RATE_NON_INV^MDC^^||52.31|MDC_DIM_BEAT_PER_MIN|50-200||||F|||2010-01-01T19:53:38.408547Z||\r
OBX|2|NM|tt-0005-12^PAIN LEVEL^L^^||1.71|/10|1-10||||F|||2010-01-01T19:53:38.408547Z||\r
OBX|3|NM|tt-0005-09^MDC_TEMP^MDC^^||36.22|MDC_DIM_DEGC|36-38||||F|||2010-01-01T19:53:38.408547Z||\r

デフォルトのスキーマを使用してグループ化を保持する

HL7v2 メッセージを作成するか取り込むと、Cloud Healthcare API がメッセージを解析し、メッセージ内のすべてのセグメントが ParsedData オブジェクトにフラット階層として返されます。その結果、メッセージ内のグループ化情報が失われます。グループ化を維持するには、ParserConfig オブジェクトを渡すことで HL7v2 ストアを作成またはパッチ適用する際に、スキーマ化されたデフォルトの解析を有効にできます。

ParserConfig を渡すと、メッセージ内のセグメントがグループ化を保持する SchematizedData オブジェクトで返されます。

たとえば、HL7v2 メッセージ内の MSH セグメントの解析済みバージョンを、ParsedData バージョン(ParserConfig 設定なし)と SchematizedData バージョン(ParserConfig 設定あり)の間で比較します。

ParsedDataSchematizedData

{
  "parsedData": {
    "segments": [
      {
        "segmentId": "MSH",
        "fields": {
          "0": "MSH",
          "1": "^~\\&",
          "2": "My EHR",
          "3": "My Test Facility",
          "5": "My EHR Facility",
          "6": "20150926140551",
          "9": "My-LOI_5.0_1.1-NG",
          "10": "T",
          "11": "2.5.1",
          "14": "AL",
          "15": "AL",
          "8.3": "ORU_R01",
          "8.2": "R01",
          "8.1": "ORU"
        }
      },
  ...
  }
}

{
  "schematizedData": {
    "data": "{
      "ORU_R01": {
        "DSC": null,
        "MSH": {
          "0": "MSH",
          "1": "|",
          "2": "^~\\\\\\u0026",
          "3": {
            "1": "My EHR"
          },
          "4": {
            "1": "My Test Facility"
          },
          "5": null,
          "6": {
            "1": "My EHR Facility"
          },
          "7": "20150926140551",
          "8": null,
          "9": {
            "1": "ORU",
            "2": "R01",
            "3": "ORU_R01"
          },
          "10": "My-LOI_5.0_1.1-NG",
          "11": {
            "1": "T"
          },
          "12": {
            "1": "2.5.1"
          },
          "13": null,
          "14": null,
          "15": "AL",
          "16": "AL",
          "17": null,
          "18": null,
          "19": null,
          "20": null,
          "21": null
        },
    ...
  }
}

デフォルト スキーマを使用して HL7v2 ストアを更新する

既存の HL7v2 ストアを更新し、デフォルトのスキーマ化された解析を有効にするには、projects.locations.datasets.hl7V2Stores.patch メソッドを使用します。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: 実際の Google Cloud プロジェクト ID
  • LOCATION: 親データセットの場所
  • DATASET_ID: HL7v2 ストアの親データセット
  • HL7V2_STORE_ID: HL7v2 ストア ID
  • {HARD_FAIL|SOFT_FAIL}: スキーマ化された解析の失敗モードを特定する方法。HARD_FAILSOFT_FAIL のどちらを使用するかを判断するには、SchematizedParsingType をご覧ください。

JSON 本文のリクエスト:

{
  "parserConfig": {
    "schema": {
      "schematizedParsingType": "{HARD_FAIL|SOFT_FAIL}"
    }
  }
}

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

  1. リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存します。次のコマンドをコピーしてターミナルで実行し、このファイルを作成します。
    cat > request.json << 'EOF'
    {
      "parserConfig": {
        "schema": {
          "schematizedParsingType": "{HARD_FAIL|SOFT_FAIL}"
        }
      }
    }
    EOF
  2. ターミナルで次のコマンドを実行します。作成した request.json ファイルを参照します。
    curl -X PATCH \
    -H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
    -H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
    -d @request.json \
    "https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/hl7V2Stores/HL7V2_STORE_ID?updateMask=parser_config.schema"

PowerShell

  1. リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存します。次のコマンドをコピーしてターミナルで実行し、このファイルを作成します。
    @'
    {
      "parserConfig": {
        "schema": {
          "schematizedParsingType": "{HARD_FAIL|SOFT_FAIL}"
        }
      }
    }
    '@  | Out-File -FilePath request.json -Encoding utf8
  2. ターミナルで次のコマンドを実行します。作成した request.json ファイルを参照します。
    $cred = gcloud auth application-default print-access-token
    $headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

    Invoke-WebRequest `
    -Method PATCH `
    -Headers $headers `
    -ContentType: "application/json; charset=utf-8" `
    -InFile request.json `
    -Uri "https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/hl7V2Stores/HL7V2_STORE_ID?updateMask=parser_config.schema" | Select-Object -Expand Content

次のような JSON レスポンスが返されます。

デフォルト スキーマを使用してサンプル HL7v2 メッセージの取り込みと解析を行う

スキーマ化されたデフォルトの解析を使用して HL7v2 ストアを作成または更新したら、HL7v2 メッセージをストアに取り込むことができます。

次のサンプルは、base64 に変換された HL7v2 メッセージのサンプルに示されているサンプル メッセージを取り込む方法を示しています。エンコードされたメッセージは、message オブジェクト内の data フィールドに値として提供されます。

メッセージを取り込むには、projects.locations.datasets.hl7V2Stores.messages.ingest メソッドを使用します。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: 実際の Google Cloud プロジェクト ID
  • LOCATION: 親データセットの場所
  • DATASET_ID: HL7v2 ストアの親データセット
  • HL7V2_STORE_ID: HL7v2 ストア ID

JSON 本文のリクエスト:

{
  "message": {
    "data": "TVNIfF5+XCZ8TXkgRUhSfE15IFRlc3QgRmFjaWxpdHl8fE15IEVIUiBGYWNpbGl0eXwyMDE1MDkyNjE0MDU1MXx8T1JVXlIwMV5PUlVfUjAxfE15LUxPSV81LjBfMS4xLU5HfFR8Mi41LjF8fHxBTHxBTHx8fHx8DVBJRHwxfHxQQVRJRDU0MjFeXl5NeSBNUEleTVJ8fFpoYW5nXlNhbGx5XkJyaWFuXl5eXkx8fDE5ODQwNjExfEZ8fDIxMDYtM15XaGl0ZV5ITDcwMDA1fDEyMyBNYWluIFN0cmVldF5eTW91bnRhaW4gU3ByaW5nc15DT144MDQzOV5eSHx8XlBSTl5QSF5eXjIwM14yMjkwMjEwfHx8fHx8fHx8Tl5Ob3QgSGlzcGFuaWMgb3IgTGF0aW5vXkhMNzAxODkNT1JDfFJFfDgzMzU4MjYzOXwzMjY2MjM4MTkzfHxDTXx8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMg1PQlJ8MXw4MzM1ODI2Mzl8MzI2NjIzODE5M3x1cy0wMDA1XlZpdGFsIFNpZ25zXldpblBhdGheXnx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHx8Rnx8MQ1PQlh8MXxOTXx0dC0wMDA1LTA3Xk1EQ19QVUxTX1JBVEVfTk9OX0lOVl5NRENeXnx8NTIuMzF8TURDX0RJTV9CRUFUX1BFUl9NSU58NTAtMjAwfHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DU9CWHwyfE5NfHR0LTAwMDUtMTJeUEFJTiBMRVZFTF5MXl58fDEuNzF8LzEwfDEtMTB8fHx8Rnx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHwNT0JYfDN8Tk18dHQtMDAwNS0wOV5NRENfVEVNUF5NRENeXnx8MzYuMjJ8TURDX0RJTV9ERUdDfDM2LTM4fHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DQ=="
  }
}

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

  1. リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存します。次のコマンドをコピーしてターミナルで実行し、このファイルを作成します。
    cat > request.json << 'EOF'
    {
      "message": {
        "data": "TVNIfF5+XCZ8TXkgRUhSfE15IFRlc3QgRmFjaWxpdHl8fE15IEVIUiBGYWNpbGl0eXwyMDE1MDkyNjE0MDU1MXx8T1JVXlIwMV5PUlVfUjAxfE15LUxPSV81LjBfMS4xLU5HfFR8Mi41LjF8fHxBTHxBTHx8fHx8DVBJRHwxfHxQQVRJRDU0MjFeXl5NeSBNUEleTVJ8fFpoYW5nXlNhbGx5XkJyaWFuXl5eXkx8fDE5ODQwNjExfEZ8fDIxMDYtM15XaGl0ZV5ITDcwMDA1fDEyMyBNYWluIFN0cmVldF5eTW91bnRhaW4gU3ByaW5nc15DT144MDQzOV5eSHx8XlBSTl5QSF5eXjIwM14yMjkwMjEwfHx8fHx8fHx8Tl5Ob3QgSGlzcGFuaWMgb3IgTGF0aW5vXkhMNzAxODkNT1JDfFJFfDgzMzU4MjYzOXwzMjY2MjM4MTkzfHxDTXx8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMg1PQlJ8MXw4MzM1ODI2Mzl8MzI2NjIzODE5M3x1cy0wMDA1XlZpdGFsIFNpZ25zXldpblBhdGheXnx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHx8Rnx8MQ1PQlh8MXxOTXx0dC0wMDA1LTA3Xk1EQ19QVUxTX1JBVEVfTk9OX0lOVl5NRENeXnx8NTIuMzF8TURDX0RJTV9CRUFUX1BFUl9NSU58NTAtMjAwfHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DU9CWHwyfE5NfHR0LTAwMDUtMTJeUEFJTiBMRVZFTF5MXl58fDEuNzF8LzEwfDEtMTB8fHx8Rnx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHwNT0JYfDN8Tk18dHQtMDAwNS0wOV5NRENfVEVNUF5NRENeXnx8MzYuMjJ8TURDX0RJTV9ERUdDfDM2LTM4fHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DQ=="
      }
    }
    EOF
  2. ターミナルで次のコマンドを実行します。作成した request.json ファイルを参照します。
    curl -X POST \
    -H "Authorization: Bearer "$(gcloud auth application-default print-access-token) \
    -H "Content-Type: application/json; charset=utf-8" \
    -d @request.json \
    "https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/hl7V2Stores/HL7V2_STORE_ID/messages:ingest"

PowerShell

  1. リクエスト本文を request.json という名前のファイルに保存します。次のコマンドをコピーしてターミナルで実行し、このファイルを作成します。
    @'
    {
      "message": {
        "data": "TVNIfF5+XCZ8TXkgRUhSfE15IFRlc3QgRmFjaWxpdHl8fE15IEVIUiBGYWNpbGl0eXwyMDE1MDkyNjE0MDU1MXx8T1JVXlIwMV5PUlVfUjAxfE15LUxPSV81LjBfMS4xLU5HfFR8Mi41LjF8fHxBTHxBTHx8fHx8DVBJRHwxfHxQQVRJRDU0MjFeXl5NeSBNUEleTVJ8fFpoYW5nXlNhbGx5XkJyaWFuXl5eXkx8fDE5ODQwNjExfEZ8fDIxMDYtM15XaGl0ZV5ITDcwMDA1fDEyMyBNYWluIFN0cmVldF5eTW91bnRhaW4gU3ByaW5nc15DT144MDQzOV5eSHx8XlBSTl5QSF5eXjIwM14yMjkwMjEwfHx8fHx8fHx8Tl5Ob3QgSGlzcGFuaWMgb3IgTGF0aW5vXkhMNzAxODkNT1JDfFJFfDgzMzU4MjYzOXwzMjY2MjM4MTkzfHxDTXx8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMg1PQlJ8MXw4MzM1ODI2Mzl8MzI2NjIzODE5M3x1cy0wMDA1XlZpdGFsIFNpZ25zXldpblBhdGheXnx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8MjAyMDA1MDYxNzA4MjJ8fHx8fHx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHx8Rnx8MQ1PQlh8MXxOTXx0dC0wMDA1LTA3Xk1EQ19QVUxTX1JBVEVfTk9OX0lOVl5NRENeXnx8NTIuMzF8TURDX0RJTV9CRUFUX1BFUl9NSU58NTAtMjAwfHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DU9CWHwyfE5NfHR0LTAwMDUtMTJeUEFJTiBMRVZFTF5MXl58fDEuNzF8LzEwfDEtMTB8fHx8Rnx8fDIwMjAwNTA2MTcwODIyfHwNT0JYfDN8Tk18dHQtMDAwNS0wOV5NRENfVEVNUF5NRENeXnx8MzYuMjJ8TURDX0RJTV9ERUdDfDM2LTM4fHx8fEZ8fHwyMDIwMDUwNjE3MDgyMnx8DQ=="
      }
    }
    '@  | Out-File -FilePath request.json -Encoding utf8
  2. ターミナルで次のコマンドを実行します。作成した request.json ファイルを参照します。
    $cred = gcloud auth application-default print-access-token
    $headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

    Invoke-WebRequest `
    -Method POST `
    -Headers $headers `
    -ContentType: "application/json; charset=utf-8" `
    -InFile request.json `
    -Uri "https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/hl7V2Stores/HL7V2_STORE_ID/messages:ingest" | Select-Object -Expand Content

次のような JSON レスポンスが返されます。

次のステップ

HL7v2 標準に準拠していない HL7v2 メッセージをカスタムのスキーマを使用して解析する