FHIR ストア指標を表示する

このページでは、FHIR ストアに関する次の指標を表示する方法について説明します。

  • FHIR ストア内の FHIR リソースのタイプ
  • リソースの各タイプの数
  • FHIR ストアのデータのサイズ

指標を使用すると、以下を実行できます。

  • 現在の使用量に基づいて将来の費用を見積もる。
  • FHIR ストアがどのように成長し、時間の経過とともに変化しているのかを追跡する。
  • FHIR ストアの FHIR リソースの数が、インポートしたリソースの数、バンドルを使用して作成したリソースの数、または匿名化したリソースの数と同じであることを確認する。

FHIR リソースを追加または変更すると、リソースが FHIR ストアに非同期に追加されます。変更してから指標に反映されるまでに時間がかかることがあります。

次の例は、FHIR ストアに関する指標を表示する方法を示しています。

コンソール

  1. Google Cloud コンソールで、[データセット] ページに移動します。

    [データセット] に移動

  2. 指標を表示する FHIR ストアを含むデータセットを選択します。[データストア] ページが表示されます。

  3. [データストア] リストで、指標を表示する FHIR ストアを選択します。[Datastore の詳細] ページが表示されます。

  4. [Metrics] タブをクリックします。このタブには次の指標が表示されます。

    • リソースタイプの合計数
    • リソースの合計数
    • すべてのリソースの合計サイズ
  5. [指標] テーブルで指標を表示し、フィルタリングします。指標をフィルタした後、FHIR ビューアで FHIR リソースタイプを選択して、そのタイプのすべてのリソースに関する情報を表示します。

gcloud

gcloud healthcare fhir-stores metrics コマンドを実行します。

後述のコマンドデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Google Cloud プロジェクトの ID
  • LOCATION: データセットの場所
  • DATASET_ID: FHIR ストアの親データセット
  • FHIR_STORE_ID: FHIR ストア ID

次のコマンドを実行します。

Linux、macOS、Cloud Shell

gcloud healthcare fhir-stores metrics FHIR_STORE_ID \
  --project=PROJECT_ID \
  --location=LOCATION \
  --dataset=DATASET_ID

Windows(PowerShell)

gcloud healthcare fhir-stores metrics FHIR_STORE_ID `
  --project=PROJECT_ID `
  --location=LOCATION `
  --dataset=DATASET_ID

Windows(cmd.exe)

gcloud healthcare fhir-stores metrics FHIR_STORE_ID ^
  --project=PROJECT_ID ^
  --location=LOCATION ^
  --dataset=DATASET_ID

次のようなレスポンスが返されます。

レスポンス

metrics:
- count: 'FHIR_RESOURCE_TYPE_COUNT'
  resourceType: FHIR_RESOURCE_TYPE
  structuredStorageSizeBytes: 'FHIR_RESOURCE_TYPE_SIZE'
...
name: projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/fhirStores/FHIR_STORE_ID

REST

fhirStores.getFHIRStoreMetrics メソッドを使用します。

リクエストのデータを使用する前に、次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: Google Cloud プロジェクトの ID
  • LOCATION: データセットの場所
  • DATASET_ID: FHIR ストアの親データセット
  • FHIR_STORE_ID: FHIR ストア ID

リクエストを送信するには、次のいずれかのオプションを選択します。

curl

次のコマンドを実行します。

curl -X GET \
-H "Authorization: Bearer $(gcloud auth print-access-token)" \
"https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/fhirStores/FHIR_STORE_ID:getFHIRStoreMetrics"

PowerShell

次のコマンドを実行します。

$cred = gcloud auth print-access-token
$headers = @{ "Authorization" = "Bearer $cred" }

Invoke-WebRequest `
-Method GET `
-Headers $headers `
-Uri "https://healthcare.googleapis.com/v1/projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/datasets/DATASET_ID/fhirStores/FHIR_STORE_ID:getFHIRStoreMetrics" | Select-Object -Expand Content

API Explorer

メソッド リファレンス ページを開きます。ページの右側に [API Explorer] パネルが開きます。このツールを操作してリクエストを送信できます。必須項目を入力して、[Execute] をクリックします。

次のような JSON レスポンスが返されます。