請求レポートについて

このページでは、Firestore 請求レポートの理解に役立つヒントとリソースを紹介します。このページでは、課金に関して次の一般的な質問について説明します。

  • アプリの使用以外では、インポート オペレーション、エクスポート オペレーション、コンソール使用量などのコストが発生します。
  • アプリ内で、リアルタイム更新、NoOps 書き込み、クエリ オフセットによって、予想よりも速く使用量を増やすことができます。
  • コンソールで使用状況ダッシュボードを使用すると、ダッシュボードと請求レポートの不一致が表示されます。

インポートとエクスポートの使用状況

請求レポートの内訳を決める場合は、インポートとエクスポートのオペレーションに関連するコストを確認してください。これらのオペレーションは、Firestore の請求には読み取りと書き込みのオペレーションを実行します。データのインポートとエクスポートの頻度によっては、これらのオペレーションで課金対象オペレーションの重要なソースを構成できるようになります。

Console の使用状況ダッシュボードには、インポートとエクスポートのオペレーションによる読み取りと書き込みが反映されません。インポート/エクスポート オペレーションと関連コストは、次の方法で表示できます。

請求ラベル

エクスポート オペレーションとインポート オペレーションでは、読み取りオペレーションと書き込みオペレーションに goog-firestoremanaged:exportimport ラベルが適用されます。エクスポートとインポートのオペレーションに関連する費用を表示するには、Cloud Billing レポートのページで、このラベルを使用します。

フィルタ メニューから goog-firestoremanaged ラベルにアクセス。

最近のオペレーションの一覧表示

コンソールまたは gcloud を使用して、最近のインポート / エクスポート オペレーションを表示できます。

Google Cloud Console

Google Cloud Console の Firestore インポート / エクスポート ページで、最近のエクスポートとインポート オペレーションを一覧表示できます。

[インポート / エクスポート] ページに移動

gcloud

実行中および最近完了したすべてのエクスポート / インポート オペレーションを表示するには、operations list コマンドを使用します。

gcloud firestore operations list

管理オペレーションの監査ログ

Firestore は、エクスポート オペレーション、インポート オペレーション、インデックス オペレーションの監査ログを記録します。Firestore 監査ロギングの情報をご覧ください。

コンソールの使用

Firebase コンソールおよび Cloud Console で Firestore データビューアによって実行される読み取りオペレーションは、請求された Firestore の使用量にカウントされます。Firestore ページを開くか更新すると、そのページを読み込むためのドキュメントが読み込まれます。Firestore ページが開いたままである限り、コンソールはリアルタイム クエリを使用して、表示可能なドキュメントとコレクションを更新します。

使用状況を細分化すると、Firestore 操作の別のソースとしてコンソールの使用頻度を考慮します。請求レポートには、コンソールとアプリのトラフィックを区別する方法はありません。

課金対象オペレーション

料金情報の他に、アプリで次の動作を確認します。これにより、予想よりも速く課金が増える可能性があります。

  • リアルタイム アップデート

    クエリの結果をリッスンする場合、結果セット内のドキュメントが追加または更新されるたびに、1 回の読み取りとして課金されます。リアルタイム リスナーのスコープを確認する。非常に広範なクエリの結果やリッスン全体をリッスンすると、必要以上に読み取りオペレーションが発生する可能性があります。

  • NoOps の書き込みと NoOps 削除

    オペレーションなしとは、ドキュメントを変更しないオペレーションです。オペレーションのない書き込みと削除に対しては引き続き課金されます。

    削除オペレーションでは、指定したドキュメントが存在しない場合であっても料金が発生します。

    書き込みオペレーションについては、オペレーションに変更がなければ料金が発生します。たとえば、ドキュメント フィールドを同じフィールド値に更新すると、料金が発生します。

  • クエリ オフセット

    クエリ オフセットは、指定された数のクエリ結果をスキップしますが、スキップした結果は課金の対象としてカウントされます。このような追加コストが発生することから、オフセットの代わりにカーソルを使用してください。

使用状況ダッシュボードの不一致

Firebase と Cloud Console の Firestore 使用状況ダッシュボードには、使用量の概算が表示されます。使用量の急増を確認するのに役立ちます。ただし、ダッシュボードは、課金されるオペレーションの正確なものではありません。課金される可能性が高くなります。不一致が生じる場合は、請求ダッシュボードが使用状況ダッシュボードよりも優先されます。

使用状況ダッシュボードと課金使用量の不一致の原因となるオペレーションには、次のようなものがあります。

  • インポート オペレーションとエクスポート オペレーション。これらのオペレーションで実行された読み取りと書き込みは、使用状況ダッシュボードに表示されません。
  • NoOps の書き込み。フィールド値を変更しない更新や、削除済みドキュメントへの書き込みなど、データベースへの変更を行わないオペレーションは、課金対象オペレーションに影響します。ただし、使用状況ダッシュボードではこれらのオペレーションはカウントされません。
  • 折りたたまれた書き込み。同じドキュメントに複数の書き込みが連続して行われる場合、使用状況ダッシュボードでは複数の書き込みが折りたたまれ、それらが 1 回としてカウントされます。課金使用量の場合、各書き込みは別々にカウントされます。

    使用状況ダッシュボードでは、サーバーのタイムスタンプ、数値の増分、配列のユニオン演算などのフィールド変換の書き込みも折りたたまれます。フィールド変換の場合、使用状況ダッシュボードは複数のオペレーションを 1 回のオペレーションとしてカウントすることがあります。

次のステップ

請求レポートについて詳しくは、Cloud Billing のサポートまでお問い合わせください。