イベント ルーティング オプション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

次の方法でイベントをサービスまたはワークフローにルーティングできます。

  • 統合された Google Cloud プロバイダからの直接イベント - Cloud Storage バケットの更新や Firebase Remote Config テンプレートの更新など、Google Cloud プロバイダからの直接イベントによって Eventarc をトリガーできます。サポートされている直接イベントのリストをご覧ください。

  • Pub/Sub と Eventarc - Eventarc トリガーのフィルタ条件で指定された Pub/Sub トピックにメッセージが公開されると、イベントがルーティングされます。Eventarc は、宛先として Pub/Sub をサポートするすべてのサービスと統合できます。

  • Cloud Audit Logs と Eventarc - Eventarc トリガーのフィルタ条件に一致する監査ログが作成されると、イベントがルーティングされます。これにより、特定のイベントをキャプチャして処理できます。

  • Pub/Sub に直接 push - Eventarc を使用する代わりに、Pub/Sub を使用してサービスに直接メッセージを push できます。これは、Pub/Sub を統合するカスタム アプリケーションまたは Google Cloud サービスに適用されます。詳細については、Pub/Sub の push からのトリガーをご覧ください。

次のフローチャートは、Cloud Run サービスにイベントをルーティングする最適な方法を判断する際に役立ちます。

イベント ルーティングの決めるフローチャート

方法を選択する際には、次の点を考慮します。

  1. Eventarc が Google Cloud イベント プロバイダからの直接イベントをサポートしているかどうか。その場合は、その直接イベントをフィルタリングする Eventarc トリガーを作成します。そうでない場合は、次のシナリオを検討します。

  2. Google Cloud サービスまたはアプリケーションが Cloud Audit Logs、Pub/Sub、またはその両方をサポートしているか。

  3. Cloud Audit Logs と Pub/Sub の両方がサポートされている場合、必要な情報を提供するのはどちらか。たとえば、Cloud Build は監査ログと Pub/Sub メッセージの両方を生成できますが、Pub/Sub はビルドのステータス通知(成功または失敗)を提供します。Cloud Build 監査ログはビルドの作成と削除のオペレーションに関する情報を提供します。監査ログと Pub/Sub メッセージの両方のコンテンツとレイテンシの影響が同等の場合は、どちらを選択しても構いません。その場合は、次のシナリオを検討します。

  4. Pub/Sub を使用している場合、Eventarc と共通の CloudEvents 形式を使用してイベントを受信するメリットはあるか。たとえば、複数のイベントソースがあるかどうか。Pub/Sub メッセージを直接 push する方法に慣れていても、標準的な配信メカニズムと形式を使用した方法が効率的で、便利な場合があります。

次のステップ