CLOUD ENDPOINTS

Google Cloud バックエンドでの API 開発、デプロイ、管理

無料トライアル

API の管理

Google Cloud Endpoints で API の開発、デプロイ、保護、モニタリングを行います。NGINX ベースのプロキシと分散型アーキテクチャにより、卓越したパフォーマンスとスケーラビリティが実現します。Cloud Endpoints は Open API 仕様または Google の API フレームワークを使用して、API 開発の各フェーズで必要なツールをご提供します。また、Stackdriver Monitoring、Stackdriver Trace、Stackdriver Logging で分析情報を得ることもできます。

API の保護

JSON Web Token と Google API キーを使い、API にアクセスできるユーザーの管理と、すべての呼び出しの検証を行います。Auth0 や Firebase Authentication と統合されているため、ウェブ アプリケーションやモバイル アプリケーションのユーザーを識別できます。

超高速な処理

Extensible Service Proxy は、1 回の呼び出しあたり 1 ミリ秒以内にセキュリティとインサイトを提供します。Google App Engine や Google Container Engine で API を自動的にデプロイしたり、プロキシ コンテナを Kubernetes デプロイメントに追加したりできます。

世界クラスのモニタリング

Google Cloud Platform Console で重要な運用指標をモニタリングし、ユーザーや利用状況に関する分析情報を Stackdriver Trace、Stackdriver Logging、Google BigQuery で入手します。

好みのフレームワークを選択

任意の API フレームワークや言語を使用することも、Java または Python のオープンソース Google Cloud Endpoints Frameworks を使用することもできます。Open API 仕様をアップロードし、コンテナ化されたプロキシをデプロイするだけです。

Cloud Endpoints の特長

Google Cloud Platform のバックエンドで API の開発、デプロイ、管理を行います。

ユーザー認証
JSON Web Token 検証と、利用しやすい Firebase Authentication、Google 認証、Auth0。
自動デプロイ
Google App Engine を使うことで、プロキシはアプリケーションと同時に自動的にデプロイされます。Google Container Engine または Compute Engine でコンテナ化された ESP を使うことで、デプロイを簡素化できます。
ロギングとモニタリング
トラフィック、エラー率、レイテンシをモニタリングし、Stackdriver Logging のログを確認します。また、Stackdriver Trace を使ってパフォーマンスを詳しく掘り下げ、BigQuery で分析を行うことができます。
API キー
Google Cloud Platform Console で API キーを生成し、すべての API 呼び出しで検証を行います。API を他のデベロッパーと共有すると、共有相手が独自のキーを生成できるようになります。
容易な統合
Google の Cloud Endpoints Frameworks を使ったり、デプロイに Open API 仕様を追加したりするだけで、すぐに統合を開始できます。

「Cloud Endpoints を利用し始めてから、API の構築と公開をこれまで以上に迅速に、かつ頻繁に行えるようになりました。認証、パフォーマンス、ステータスのモニタリングに煩わされなくなったため、Vendasta の優れた API の構築にかかる時間や労力も削減できるようになりました。 」

- Vendasta、Braden Bassingthwaite 氏

CLOUD ENDPOINTS の料金体系

詳細な料金情報については、料金ガイドをご覧ください。

各請求先アカウントの 1 か月あたりの API 呼び出し回数 API 呼び出し回数 100 万回あたりの費用
0~200 万回 $0.00
200 万回を超過した場合 $3.00
米ドル以外の通貨でお支払いの場合は、Cloud Platform SKU に記載されている該当通貨の料金が適用されます。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。