プロジェクト用に Duet AI for Developers を設定する

サポートされている Google Cloud プロダクトで Duet AI for Developers を使用する前に、このドキュメントで説明する手順を行う必要があります。

  1. 1 つ以上の Duet AI プロダクト サービスのサブスクリプションを購入します。

  2. Google Cloud プロジェクトで Duet AI を有効にします。この手順は通常、管理者が行います。

  3. IDE で Duet AI を使用する場合は、Cloud Code プラグインをインストールします。

Duet AI のサブスクリプションを購入する

Duet AI for BigQuery、Spanner、Colab Enterprise のみを使用している場合は、このセクションをスキップできます。

Duet AI for Developers は、2024 年 5 月 11 日まで、請求先アカウントごとに 1 ユーザーに限り、サブスクリプションなしで無料で試用できます。1 つの請求先アカウントに複数のユーザーが存在する組織は、このセクションの説明に沿ってサブスクリプションを購入する必要があります。Google Cloud と既存の契約を結んでいる場合は、サブスクリプションを購入する前に セールスチームに問い合わせください

  1. Google Cloud コンソールで、[Duet AI 管理者] ページに移動します。

    [Duet AI 管理者] に移動

  2. [始める前に] メッセージを確認して同意します。

  3. この請求先アカウントに既存のサブスクリプションがない場合は、プロモーション ページが表示されます。[Get started with Duet AI] をクリックします。

  4. プロンプトが表示されたら、請求先アカウントを選択して [Continue Duet AI Admin page] をクリックします。

  5. [Subscriptions] ページで、[Purchase new subscription] をクリックします。

  6. フィールドに入力して、サブスクリプションを構成します。これには、サブスクリプションの名前(省略可)、コミットメント期間(月単位または年単位)、サブスクリプションのライセンス数があります。

    コミットメント期間(月単位または年単位)の経過後にサブスクリプションを自動更新するかどうかを選択します。これにより、サブスクリプションとライセンスが有効のままになります。サブスクリプションが自動更新されない場合、現在の期間が終了するとサブスクリプションが終了し、ライセンスを再取得するには、購入プロセスをもう一度行う必要があります。

  7. [続行] をクリックしてサブスクリプションの詳細を確認します。購入規約を確認し、同意します。

  8. [購入完了] をクリックして、サブスクリプションを確認します。

Duet AI の請求が有効になりました。次に、この請求先アカウントに関連付けられている 1 つ以上のプロジェクトで Duet AI を有効にします。少なくとも 1 つのプロジェクトで Duet AI を有効にするまで、Duet AI がユーザーに表示されません

Google Cloud プロジェクトで Duet AI を有効にする

Google Cloud プロジェクトで Duet AI を有効にするには、管理者が Cloud AI Companion API を有効にして、Cloud AI Companion ユーザーと Service Usage 閲覧者の Identity and Access Management(IAM)ロールをユーザーに付与する必要があります。

コンソール

  1. API を有効にするには、Google Cloud コンソールの [Cloud AI Companion API] ページに移動します。

    Cloud AI Companion API に移動

  2. プロジェクト セレクタでプロジェクトを選択します。

  3. [有効にする] をクリックします。

    ページが更新され、ステータスが [有効] になります。これで、選択した Google Cloud プロジェクトで、必要な IAM ロールを持つすべてのユーザーが Duet AI を使用できるようになりました。

  4. Duet AI の使用に必要な IAM ロールを付与するには、[IAM] ページに移動します。

    [IAM] に移動

  5. [プリンシパル] 列で、Duet AI へのアクセスを有効にするプリンシパルを見つけて、その行で [プリンシパルを編集] をクリックします。

  6. [権限を編集] ペインで、 [別のロールを追加] をクリックします。

  7. [ロールを選択] で、[Cloud AI Companion ユーザー] を選択します。

  8. [別のロールを追加] をクリックして [Service Usage 閲覧者] を選択します。

  9. [保存] をクリックします。

gcloud

  1. Google Cloud コンソールで、「Cloud Shell をアクティブにする」をクリックします。

    Cloud Shell をアクティブにする

  2. プロジェクト セレクタのプルダウン リストでプロジェクトを選択します。

  3. gcloud services enable コマンドを使用して、Duet AI 用の Cloud AI Companion API を有効にします。

    gcloud services enable cloudaicompanion.googleapis.com
    

    別の Google Cloud プロジェクトで Cloud AI Companion API を有効にする場合は、--project パラメータを追加します。

    gcloud services enable cloudaicompanion.googleapis.com --project PROJECT_ID
    

    PROJECT_ID は、実際の Google Cloud プロジェクト ID に置き換えます。

    出力は次のようになります。

    Waiting for async operation operations/acf.2e2fcfce-8327-4984-9040-a67777082687 to complete...
    Operation finished successfully.
    

    これで、必要な IAM ロールを持つすべてのユーザーが、指定した Google Cloud プロジェクトで Duet AI を使用できるようになりました。

  4. Due AI の使用に必要な 2 つの IAM ロールを付与します。

    1. Cloud AI Companion ユーザーロールを付与します。

      gcloud projects add-iam-policy-binding  PROJECT_ID \
      --member=PRINCIPAL --role=roles/cloudaicompanion.user
      

      PRINCIPAL は、プリンシパルの識別子に置き換えます。識別子の形式は user|group|serviceAccount:email または domain:domain です(例えば、user:cloudysanfrancisco@gmail.comgroup:admins@example.comserviceAccount:test123@example.domain.comdomain:example.domain.com)。

      出力は、次を含むポリシー バインディングのリストです。

      - members:
        - user:PRINCIPAL
        role: roles/cloudaicompanion.user
      
    2. Service Usage 閲覧者のロールを付与します。

      gcloud projects add-iam-policy-binding  PROJECT_ID \
      --member=PRINCIPAL --role=roles/serviceusage.serviceUsageViewer
      

      出力は、次を含むポリシー バインディングのリストです。

      - members:
        - user:PRINCIPAL
        role: roles/serviceusage.serviceUsageViewer
      

    詳細については、単一のロールを付与するgcloud projects add-iam-policy-binding をご覧ください。

これらのロールを付与されたすべてのユーザーは、指定されたプロジェクト内の Google Cloud コンソールで Duet AI 機能にアクセスできます。詳細については、Google Cloud の Due AI の概要をご覧ください。

IDE で Duet AI を使用する

IDE で Duet AI を使用するデベロッパーは、Cloud Code プラグインをインストールする必要があります。詳しくは以下をご覧ください。

高度な設定タスク

Google Cloud コンソールまたは gcloud CLI を使用して事前定義された IAM ロールを付与する代わりに、次のいずれかの操作を行えます。

次のステップ