イベント

Google Cloud Next ’18 初日の出来事

Next%2B18%2BRecapmwbt.PNG

米国時間 7 月 24 日、サンフランシスコの Moscone Center に、ビジネスリーダー、開発者、起業家といった仲間たちを迎え Next ‘18 がスタートしました。Google Cloud CEO の ダイアン グリーンが基調講演で述べたように、Next ’18 は Google 最大のイベントで、 参加登録者数は 2 万 5 千人を超えました。初日は、クラウドの活用による働き方の変革や、コンタクトセンターの在り方の再考といった、クラウドがお客様の課題解決にどのように活用できるかを今一度見直す機会となっただけでなく、Google CEO  スンダー ピチャイがサプライズ登壇するなど盛りだくさんの内容でした。Next ’18 の見どころについては以下をご覧ください。

Cloud Services Platform  - 構築をより簡単に

クラウドコンピューティングは単なるアウトソーシング用のインフラストラクチャとは違い、アジリティ、信頼性、スケーラビリティの点で大きな可能性を秘めています。本日、クラウドとオンプレミスの環境において高度な運用管理機能を提供する基盤サービスとテクノロジーを合わせた Cloud Services Platform を発表しました。発表内容の詳細は Cloud Services Platformサーバーレスに関する発表をご覧ください。

発表内容

  • まもなくバージョン 1.0 に移行するオープンソースの  Istio をベースにしたサービス メッシュと、 GCP 上で運用されている Istio のフルマネージド バージョン、 Managed Istio を発表します。また、Apigee API Management for Istio を使うことで、企業が既存の API 管理ツールを使用して Istio サービスメッシュで作成したマイクロサービスを操作できるようになります。

  • Istio と App Engine のワークロードでは、新しい Stackdriver Service Monitoring が、SRE にヒントを得たサービス指向のワークロード表示で、エンドユーザーがシステムをどのように体験しているかを表示します。
  • GKE On-Prem の発表によりハイブリッド コンピューティングをより推進していきます。これは、Google が設定済みの Kubernetes で、マルチクラスタ管理が含まれており、オンプレミスおよび他のクラウド上でもデプロイできます。
  • GKE Policy Management は登録されたクラスタ全体で、Kubernetes ワークロードを管理するポリシーの一元管理ができます。
  • ユーザーが Kubernetes を使用している場合も、私たちはサーバーレスですべてのアプリケーションを構築できるようにしたいと考えています。そのために、新たな GKE サーバーレスアドオンを提供します。また、こちらと同じサーバーレスのフレームワークを Knative としてオープンソース化する予定です。
  • こちらもサーバーレスですが、PHP 7.2 および Python 3.7 ランタイムのサポートが App Engine の標準環境に追加されます。
  • 対応言語に加え、新たなパフォーマンス、ネットワーキングやセキュリティ機能を追加した Cloud Functions の一般提供を開始しました。
  • Cloud Functions のサーバーレスコンテナを使用して、フルマネージドの環境でコンテナベースのワークロードを実行することができます。費用は利用した分のみの請求です。
  • Cloud Firestore を使用すればアプリケーションデータを世界的な規模で保存、同期することができ、GCP コンソールでのアクセスもまもなく可能になります。
  • 最後に、Cloud Build は一般的な開発ツールと統合され、サーバレスアプリケーションを構築できる新しい継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)サービスです。

AI を、すべてのビジネスに

企業や開発者が AI を使ってより多くのことを実現するためには、ユーザーの技術レベルや専門知識に関係なく機械学習を活用できるツールを提供することが不可欠です。これについては AIContact Center に関するブログ記事をご覧ください。

発表内容

  • Cloud AutoML VisionCloud AutoML Natural LanguageCloud AutoML Translation は、機械学習やコーディングに関する専門知識を必要とせず、誰でも独自のビジネス領域向けにカスタマイズされた強力な機械学習モデルを構築できます。
  • 機械学習ワークロード用に設計された ASIC として、第 3 世代 TPU のアルファ版をリリースします。
  • Dialogflow Enterprise Edition の新機能によって、さらに機能的で会話型のインターフェイスを設計することができます。
  • 新たなソリューションである Contact Center AI には、Dialogflow の新機能に加え、対話エージェントのサポートや、パフォーマンス分析を可能にするツールが含まれています。

働き方の再考

企業は競争力を保つために、スマートでシンプルかつ安全な G Suite のクラウドネイティブなコラボレーションツールを用いて、世界中のスタッフとの連携方法を見直しつつあります。G Suite の新たな補助機能を駆使することで、セキュリティへの脅威に対する積極的な保護、企業のデータに関する保管・共有場所の管理、コミュニケーションのさらなる効率化を実現します。詳細は G Suite の記事をご覧ください。

発表内容


  • Security Center の新たな調査ツールは、ウィルスに感染している可能性のあるユーザーを特定し、外部で共有されているものがあるかどうかを確認、ドライブファイルへのアクセス権限解除に加え、悪意のある電子メールを削除します。
  • G Suite 向けにデータリージョンを導入します。これにより、お客様は一部の G Suite アプリにおいて主要なデータの格納場所を、グローバル、分散型、もしくは、米国か欧州などの中から選ぶことができます。
  • Smart ReplyHangouts Chat においても使用できるようになります。AI を駆使することで、返信が必要なメッセージを認識し、チャットでの会話として自然なカジュアルさを保ちつつ、職場でのやり取りにも適した返信内容を提案します。
  • Gmail の Smart Compose は、挨拶や一般的なフレーズなどを挿入し、メールを自動完成させ、より効率的なコラボレーションを可能にします。Smart Compose は数週間以内に G Suite のお客様に提供する予定です。(英語のみ)
  • 機械翻訳に基づく独自のアプローチを使用し、Google ドキュメント上での文法に関する修正提案が表示されます。複雑さにかかわらず、文法上の誤りを認識し、訂正文を提案します。こちらの機能は G Suite のお客様向けに Early Adopter Program(ベータ版)でご利用いただけます。
  • Hangouts Meet ハードウェアの音声コマンドは、チームが会議室にて迅速にビデオミーティングの接続ができるように、Google アシスタントと同様の効果を発揮します。音声コマンドは、厳選した Meet ハードウェア 顧客に対して今年後半に公開されます。

Next’18 開催期間中に主なニュースをアップデートします。どうぞお楽しみに。

*この記事は米国時間 7 月 24 日に投稿された、“ What happened at Google Cloud Next’ 18: Day 1”の抄訳です。Google Cloud Next’ 18 のサマリー(英語版)は、こちらからご覧いただけます。