割り当てと上限

プロジェクトごとの割り当て

Cloud Asset Inventory では、ユーザー プロジェクトに基づいて、受信するリクエストのレートが適用されます。デフォルトの割り当ては次のとおりです。

割り当て
AnalyzeIamPolicy ユーザー プロジェクトごとに毎分 100
AnalyzeIamPolicyLongrunning ユーザー プロジェクトごとに毎分 100
BatchGetAssetsHistory ユーザー プロジェクトごとに毎分 600
ExportAssets ユーザー プロジェクトごとに毎分 60
ListAssets ユーザー プロジェクトごとに毎分 600
リアルタイムのフィード API ユーザー プロジェクトごとに毎分 600
SearchAllResources + SearchAllIamPolicies ユーザー プロジェクトごとに毎分 600

API とサービスの割り当てダッシュボードを使用して、プロジェクトの現在の割り当てとその使用量を表示できます。

リソースの親ごとの割り当て

Cloud Asset Inventory では、プロジェクトごとの割り当ての他に、以下のすべてのユーザー プロジェクトでのリソースの親に基づいて、受信するリクエストのレートも適用されます。

割り当て
ExportAssets 親ごとに毎分 360
BatchGetAssetsHistory 親ごとに毎分 6,000
ListAssets 親ごとに毎分 6,000
リアルタイムのフィード API 親ごとに毎分 6,000
フィードの最大数 親ごとに 1 リソースあたり 200

ダウンストリーム サービス

Cloud Asset Inventory によって適用される上限に加えて、受信リクエストの数は、Cloud Asset Inventory が依存するダウンストリーム サービスのレートと割り当てによっても制限されます。

BigQuery

  • テーブル オペレーション - BigQuery にはテーブル オペレーションの割り当て上限があります。これは、同じ BigQuery テーブルに対して 1 日あたりで実行できる ExportAssets API リクエストの最大数を定義します。ExportAssets は現在、リクエストごとに 1 テーブルあたり 2 つのテーブル オペレーションを行います。
  • クエリジョブ - BigQuery には、クエリジョブに対する同時実行レート制限があります。これは、プロジェクトあたりで発行できる同時実行 ExportAssets API リクエストの最大数を定義します。

Pub/Sub