Google App Engine とは?

Google App Engine は、Google のインフラの上でアプリケーションを作り、実行できるようにする PaaS ( Platform as a Service : サービスとしてのプラットフォーム)です。App Engine アプリケーションは、作るのもメンテナンスするのも簡単で、トラフィックやデータストレージのニーズの増減にあわせてスケーリングするのも簡単です。App Engine を使えば、自分でメンテナンスしなければならないサーバーはなくなります。単純にアプリケーションをアップロードすれば、それだけで実行できます。

App Engine ランタイム環境

Google App Engine は、さまざまなプログラミング言語で書かれたアプリケーションをサポートします。

  • Java: App Engine の Java ランタイム環境を使えば、標準の Java テクノロジーを使ってアプリケーションを構築できます。
  • Python: App Engine は、高速の Python インタープリタと Python 標準ライブラリを持っています。
  • PHP: 標準 PHP 関数を呼び出すと、App Engine は水面下で Google の Cloud Platform サービスを使います。
  • Go: App Engine は、ネイティブにコンパイルされた Go コードを実行する Go ランタイム環境を持っています。

Google App Engine のもとでは、負荷が重く大量のデータを抱えているときでも安心して実行できるアプリケーションが簡単にビルド、デプロイできます。App Engine には、次の機能が含まれています。

  • クエリー、ソート、トランザクション機能を備えた永続ストレージ
  • 自動的なスケーリングとロードバランシング
  • リクエストのスコープの外で処理を実行するための非同期タスクキュー
  • 指定された時刻、または指定された間隔でのタスクの実行
  • ほかの Google Cloud Platform サービスと API の統合

アプリケーションは、セキュアなサンドボックス化された環境で実行されるので、App Engine はリクエストを複数のサーバーに分散させ、トラフィックの需要に合わせてサーバーをスケーリングすることができます。アプリケーションは、専用のセキュアで信頼性の高い環境のもとで実行されます。この環境は、ハードウェア、オペレーティングシステム、サーバーの物理的な位置の影響を受けません。完全な機能リストについては、App Engine の機能の概要を参照してください。

App Engine 開発環境

App Engine のソフトウェア開発キット (SDK) は、すべてのサポート言語で利用できるようになっています。個々の SDK には、次のものが含まれています。

  • App Engine で使えるすべての API とライブラリ。
  • シミュレートされたセキュアなサンドボックス環境。この環境は、あなたのローカルコンピュータ上ですべての App Engine サービスをエミュレートします。
  • アプリケーションをクラウドにアップロードし、複数のバージョンを管理するデプロイツール。

SDK がローカルにアプリケーションを管理するのに対し、本番のアプリケーションはコンソールが管理します。コンソールは、ウェブベースのインターフェイスを使って新しいアプリケーションを作り、ドメイン名を設定し、アプリケーションのどのバージョンを実際に使うかを指定し、アクセス、エラーログをチェックするほか、これら以外にも多数の機能を提供します。

クォータと制限

App Engine は、1 GB のデータストレージとトラフィックを無料で提供します。有料アプリケーションを有効にすれば、この値を増やすことができます。しかし、システムの安定性を守るために、一部の機能はクォータに関係なく制限を設けています。ニーズに合わせた編集方法など、クォータの詳細については、クォータを参照してください。

はじめてみよう

  1. SDK をダウンロード
  2. サインアップ
  3. 使いたい言語のはじめにを確認
  4. その他の App Engine ドキュメントを確認

フィードバックを送信...