push キューを開発用サーバーで使用する

このページでは、タスクキュー アプリケーションを開発サーバーでテストする方法を説明します。アプリが開発サーバーで実行される場合、本番環境と同様に、適切な時点でタスクが自動的に実行されます。

次のことに注意してください。

  • 開発サーバーでは、キューの rate 属性と bucket-size 属性が無視されます。したがって、タスクは可能な限りその ETA に近くなるように実行されます。レートを 0 に設定しても、タスクが自動的に実行されなくなることはありません。
  • 開発サーバーでは、再起動するとキューの状態は失われます。
開発サーバーで push タスクが実行されないように無効にするには、次のコマンドを実行します。

dev_appserver.py --enable_task_running 0
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python 2 の App Engine スタンダード環境