google.appengine.api.files.crc32c モジュール

概要

rfc3720 第 B.4 項で規定されている CRC-32C チェックサムの実装。

CRC-32C の詳細については、http://en.wikipedia.org/wiki/Cyclic_redundancy_check をご覧ください。

このコードは、pycrc 0.7.1(http://www.tty1.net/pycrc/)で生成された C コードを python に手動で変換します。次のコマンドラインを使用します。 ‘./pycrc.py –model=crc-32c –generate c –algorithm=table-driven’

内容

google.appengine.api.files.crc32c.crc(data) ソース

データの CRC-32C チェックサムを計算します。

パラメータ

data – バイト配列、文字列または反復バイト。

戻り値

データの 32 ビットの CRC-32C チェックサム。

google.appengine.api.files.crc32c.crc_finalize(crc) ソース

CRC-32C チェックサムをファイナライズします。

この関数は、crc 計算の最後のステップとして呼び出す必要があります。

パラメータ

crc – 32 ビットのチェックサム。

戻り値

ファイナライズされた 32 ビットのチェックサム。

google.appengine.api.files.crc32c.crc_update(crc, data) ソース

データで CRC-32C チェックサムを更新します。

パラメータ
  • crc – 更新する 32 ビットのチェックサム。

  • data – バイト配列、文字列または反復バイト。

戻り値

更新された 32 ビットの CRC-32C。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Python の App Engine スタンダード環境