画像の提供

Cloud Storage Tools API には、画像ファイルを簡単に提供できる、次の便利なメソッドが用意されています。

  • CloudStorageTools.getImageServingUrl()
  • CloudStorageTools.deleteImageServingUrl()

単にファイルを公開するのではなく、このメソッドを使用して画像を提供することの利点の 1 つは、さまざまなサイズの画像を保存することなく、動的に画像のサイズ変更と切り抜きを行えることです。

CloudStorageTools::getImageServingUrl は、画像の提供 URL を返します。HTTPS ページ内に表示される画像の場合は、混合コンテンツに関する警告を回避するために、secure_urlTrue に設定してください。

この URL は公開されますが、「類推可能」なものではありません。

URL の提供を停止するには、CloudStorageTools::deleteImageServingUrl を呼び出します。

この機能を使用するには、CloudStorageTools クラスをインポートします。

use google\appengine\api\cloud_storage\CloudStorageTools;

次に、画像 image.jpg のサイズを変更して切り抜きを行います。

$options = ['size' => 400, 'crop' => true];
$image_file = "gs://${my_bucket}/image.jpg";
$image_url = CloudStorageTools::getImageServingUrl($image_file, $options);
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

PHP の App Engine スタンダード環境