AppCfg から gcloud コマンドラインへの移行

AppCfg は、App Engine SDK に含まれていたユーティリティ コマンドでした。

AppCfg コマンドの使用を Cloud SDKgcloud コマンドに置き換えるには、次の表をご覧ください。

appcfg コマンド gcloud コマンドライン
download_app ソースファイルをダウンロードすることはできなくなりましたが、Cloud Console の [バージョン] ページの [診断] 列で [ソース] を選択してソースファイルを表示できます。
request_logs gcloud app logs read またはログビューアでログの表示とエクスポートを行う
rollback サポートされなくなるまたは不要になる
start_module_version gcloud app versions start
stop_module_version gcloud app versions stop
update Python アプリと PHP アプリの場合:
gcloud app deploy

Java 8 アプリの場合、最初にアプリをビルドします。次に以下のコマンドでデプロイします。
gcloud app deploy WEB-INF/appengine.xml

Java 11 アプリの場合、ローカルビルドを行わずにソースコードを Java 11 ランタイムにデプロイできます。
gcloud app deploy pom.xml

Java dajar を Java 11 ランタイムにデプロイするには:
gcloud app deploy myapp.jar

また、Cloud SDK ベースの Maven または Gradle プラグインを使用して、Java 8 アプリや Java 11 アプリをビルドしてデプロイすることもできます。

update_indexes gcloud app deploy indexes.yaml
または
gcloud datastore indexes create
update_cron gcloud app deploy cron.yaml
update_dispatch gcloud app deploy dispatch.yaml
update_dos gcloud app deploy dos.yaml
update_queues gcloud app deploy queues.yaml
vacuum_indexes gcloud datastore indexes cleanup
version gcloud app versions describe
set_default_version gcloud app services set-traffic
cron_info Cloud Console の [cron ジョブ] ページを表示します。
resource_limits_info Cloud Console の [割り当て] ページを表示します。
backends コマンド サポートが終了しています。バックエンド サービスはシャットダウンされます。
list_versions gcloud app versions list
delete_version gcloud app versions delete
migrate_traffic
100% の移行のみをサポートします。
gcloud app services set-traffic

XML ファイルを同等の YAML ファイルに変換する場合は、次のコマンドを使用できます。

gcloud beta app migrate-config cron-xml-to-yaml MY-CRON-XML-FILE.xml
gcloud beta app migrate-config datastore-indexes-xml-to-yaml MY-INDEX-XML-FILE.xml
gcloud beta app migrate-config dispatch-xml-to-yaml MY-DISPATCH-XML-FILE.xml gcloud beta app migrate-config queue-xml-to-yaml MY-QUEUE-XML-FILE.xml