Web Risk に関するアドバイス

Google がこのページに関するアドバイスを提供する理由

Google では、ユーザーの皆様が安全にウェブを検索できるようにしたいと考えており、危険なページの特定とユーザー保護の強化に継続して取り組んでいます。Google では、自動アルゴリズムとユーザー フィードバックを使用して、危険と思われるサイトをリストにまとめています。リストにある危険なページの 3 つの主なタイプは、ソーシャル エンジニアリング、マルウェア、望ましくないソフトウェアです。デベロッパーは、危険な可能性のあるページのリストを Web Risk から入手できます。

このリストによりウェブ上の不正なサイトからユーザーを完全に保護できるわけではなく、安全なサイトが誤って不正であると分類される可能性もあります。しかし、リストは常に最新の状態であるように定期的に更新されています。

ソーシャル エンジニアリング(フィッシングや偽のサイト)

ソーシャル エンジニアリング攻撃は、ウェブ ユーザーがだまされてオンライン上で危険な行為を行った場合に発生します。ソーシャル エンジニアリング コンテンツは、ウェブサイト上に配置することも、サイトの埋め込みリソース(画像、広告、その他の第三者のコンポーネントなど)を介して配置することもできます。

フィッシングとは、虚偽のページで個人情報や財務情報を確認する攻撃です。フィッシングの詳細については、antiphishing.org をご覧ください。

デバイス ソフトウェアが最新ではないと虚偽の主張をする広告など、その他のタイプの不正なコンテンツには、ユーザーをだまして望ましくないソフトウェアをインストールさせるものもあります。

Google がソーシャル エンジニアリングのページを見落としたと思われる場合は、フィッシングのページを報告するを使用して報告できます。ページが誤ってフィッシング リストに含まれていると思われる場合は、フィッシング警告の誤りを訂正フォームを使用して報告できます。

マルウェア

マルウェアはユーザーの個人情報を盗んだり、コンピュータを使用してユーザーが意図していない操作を行うソフトウェアです。マルウェアは不正なコードを含むウェブページからユーザーの同意なくコンピュータにダウンロードおよびインストールされます。StopBadware.org では、ウィルスやその他の不正なソフトウェアを含む、有害なウェブ コンテンツや、コンピュータを保護する方法に関する詳細を確認できます。

望ましくないソフトウェア

Google には、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」という理念があります。ソフトウェア原則では、優れたユーザー エクスペリエンスを提供するソフトウェアの一般的な推奨事項を示しています。望ましくないソフトウェアのポリシーでは、ウェブ上のユーザー フレンドリーなソフトウェアの基本的な基準を示すことで、これらの一般的な推奨事項に詳細な情報を追加します。この原則に反するソフトウェアはユーザーの利便性に悪影響を与える可能性があり、Google はそうしたソフトウェアからユーザーを守るよう努めています。