Base64 エンコード

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Cloud Vision API に画像データを提供するには、画像の URI パスを指定するか、画像データを Base64 エンコードのテキストとして送信します。

コマンドラインの使用

gRPC リクエスト内に単純にバイナリデータを書き込むことができますが、REST リクエストを行う際には、JSON が使われます。JSON はバイナリデータを直接サポートしていないテキスト形式であるため、それらのバイナリデータは Base64 エンコードを使用して、テキストに変換する必要があります。

ほとんどの開発環境には、バイナリを ASCII テキストデータにエンコードするネイティブの base64 ユーティリティがあります。ファイルをエンコードするには:

Linux

base64 コマンドライン ツールを使用してファイルをエンコードし、-w 0 フラグを使用して、行の折り返しを防ぎます。

base64 INPUT_FILE -w 0 > OUTPUT_FILE

macOS

base64 コマンドライン ツールを使用してファイルをエンコードします。

base64 -i INPUT_FILE -o OUTPUT_FILE

Windows

Base64.exe ツールを使用してファイルをエンコードします。

Base64.exe -e INPUT_FILE > OUTPUT_FILE

PowerShell

Convert.ToBase64String メソッドを使用してファイルをエンコードします。

[Convert]::ToBase64String([IO.File]::ReadAllBytes("./INPUT_FILE")) > OUTPUT_FILE

base64 エンコードされたデータをインラインで挿入して、JSON リクエスト ファイルを作成します。

JSON

{
  "requests": [
    {
      "image": {
        "content": "BASE64_ENCODED_DATA"
      },
      "features": [
        {
          "type": "PRODUCT_SEARCH"
        }
      ],
      "imageContext": {
        "productSearchParams": {
          "productSet": "projects/PROJECT_ID/locations/LOCATION/productSets/PRODUCT_SET_ID",
          "productCategories": [
               "apparel"
             ],
        "filter": "style=... AND color=..."
        }
      }
    }
  ]
}

クライアント ライブラリの使用

テキスト エディタを使ってリクエストにバイナリデータを埋め込むことは実用性に欠け、また望ましくありません。実際には、クライアント コード内に base64 エンコード ファイルを埋め込みます。サポートされるすべてのプログラミング言語には、base64 エンコード コンテンツの組み込みメカニズムがあります。

Python

# Import the base64 encoding library.
import base64

# Pass the image data to an encoding function.
def encode_image(image):
    with open(image, "rb") as image_file:
        encoded_string = base64.b64encode(image_file.read())
    return encoded_string

Node.js

// Read the file into memory.
var fs = require('fs');
var imageFile = fs.readFileSync('/path/to/file');

// Convert the image data to a Buffer and base64 encode it.
var encoded = Buffer.from(imageFile).toString('base64');

Java

// Import the Base64 encoding library.
import org.apache.commons.codec.binary.Base64;

// Encode the image.
byte[] imageData = Base64.encodeBase64(imageFile.getBytes());
String encodedString = Base64.getEncoder().encodeToString(imageData);

Go

import (
    "bufio"
    "encoding/base64"
    "io/ioutil"
    "os"
)

// Open image file.
f, _ := os.Open("image.jpg")

// Read entire image into byte slice.
reader := bufio.NewReader(f)
content, _ := ioutil.ReadAll(reader)

// Encode image as base64.
base64.StdEncoding.EncodeToString(content)